冷静である日本に対し、冷静になれという日本のメディア

雑記
スポンサーリンク

日韓関係が戦後最悪と言われるほど悪化しています。ことの発端は全て韓国側にあるにも関わらず、日本のメディアはあたかも日本にも一部の責任がある、酷いところではそれどころか日本に全て責任があるような記事を連発しています。

それを社説として報じているなら、納得はできませんがまだ理解はできます。意見は色々あって当然なので、日本政府の下した決断に社の方針として異を唱えることも自由でしょう。しかし、「多くの国民が懸念」とか、「日本にも冷静な判断を求める声が多く上がっている」など、その”多く”って誰のことなのかと疑問に思う記事が多すぎます。

しかし、この手の記事が最近少しずつ減ってきているような気がするので、もはや印象操作まがいの手口にも限界が見えて来たのではないかと個人的には感じています。

「冷静になれ」は冷静でない方に言え

小学校の時の担任に苦手な先生がいて、クラスメイト二人が喧嘩をしていて、明らかに一方だけが泣き喚き、取っ組みかかっているのに対し、相手側は困惑した様子でおろおろしているのに、「二人とも冷静になりなさい!反省出来たら先生迄説明しに来なさい!」と怒鳴っているやつがいましたが、「子供ながらに〇〇君は冷静じゃん…理不尽だこいつは」と思っていました。

hachi
hachi

そんなことを考える小学生だから不登校になるのかもしれませんね(笑)

日本政府は大分前から冷静に対応し続けています。もっともっと前から対話しようとメッセージを発したり、このままいけば制裁措置を取る可能性についても触れています。ものすごく冷静に、そしてメッセージを淡々と伝えています。

それをひたすら無視し続けて、とうとう日本も待っても仕方が無いと判断して行動に移したら、ハチの巣をつついたように喚き散らしているのが隣国の方です。日本は以前から発しているメッセージを実行に移しただけで、何も慌てていません。

隣国の方と言えば、二国間の問題にもかかわらず国際会議で喚いたり、今度はヨーロッパに出向いて日本の不当性を訴えるとか、もはや行動の着地点がイメージできているのかと疑ってしまうようなことをしています。

隣国とは仲良くあるべきという幻想

実は私も先日まで、隣国なのだから仲良くした方がいい、しなくてはいけないと感じていました。国同士は引っ越しできない、だから協力しなくてはいけないという言葉を何度も目にしてきたからかもしれません。これもある種の印象操作の産物かもしれません。

過去記事にも書きましたが、隣国同士で上手く行っていない国なんて山ほどありますし、インドとパキスタンみたいに対立の解消が絶望的な国だってあるわけです。

今の私の考え方は「隣国とは仲良くした方がいいが、仲良くできないからと言って自国を責めるべきではない」です。

日本人は自責の念が強すぎます。いいところでもあるのですが、一方的に無理難題を押し付けてくる相手に対して自責の念で応じていたら、心が崩壊してしまうでしょう。できないものはできないとハッキリと意思表示すべき時を迎えたのでしょう。

隣国と分かり合えなくても、多くの国とは友好関係にある事実

距離が近いという理由だけでは一番大切な国ということにはなりません。今後は近いけどさほど重要でもない国になっていくでしょう。例え隣国との関係が悪化しても、日本は多くの国と交流があり、日本に対しいいイメージを抱いている国がたくさんあります。

頭のてっぺんからつま先まで日本が憎いと感じている隣国とは無理に仲良くしようとせずに、建設的な関係を作っていける国々と今後も協力していけばいい。

何で今まで隣国だから仲良くしなければいけないと思っていたんだろう…と不思議に感じるぐらい、隣にいるからって別の国だし違う人種なんだからお互い好きにやればいいんじゃないの?と思うようになりました。

お互い主権国家なのですから。

コメント

  1. gfdgdg より:

    同感です。これだけ交通網が発達して、通信に限れば地理的な障害など殆どないような状況で、隣国と仲良くとか、もはや意味がないような気がしますね。仲の悪い隣国よりも、遠くの親日国と仲良くしたほうがいいと思います。そもそも韓国とは海で隔てられているので、言うほど隣国でもないような気もしますし。陸続きなら別ですが、無理に隣国とかに設定する必要もないでしょう。韓国と仲良くするよりは、寧ろロシアとの方が仲良くできる気がします。

    • hachi hachi より:

      このような小さなブログにコメントいただきありがとうございます。感謝です。
      確かに海を隔てているので、陸続きの国同士よりそこまで隣り合わせという感じでもないですね。
      中国やロシアは厄介な国ではありますが、目指しているものが明確でそのために協力できる部分とそうでない部分をはっきり分けているので、外交が成り立ちますよね。
      今の韓国はもはや着地点すら分かってない気がします。

タイトルとURLをコピーしました