上司の顔色が気になって転職できない友人の話

仕事
スポンサーリンク

私の前職の同僚で、会社が変わった今もしょっちゅう(というか毎日)連絡を取り合っている同年代の男(独身)がいるのですが、会社の業績が年々悪くなってきており転職したほうがいいのではないかと思い始めているようです。

30代半ばだし、能力は高い(と思う)人なので転職先はあるはずなのですが、「会社自体は沈みゆく船だし未練も無いけど、上司に相当期待されてしまっているから辞めにくい」んだそうです。

彼の人生なので特に何も言いませんでしたが、もし今の会社にとどまって会社と共にとどめを刺されても自己責任としか言いようがありません。

スポンサーリンク

会社が傾き始める予兆

私も昨年その会社を辞めているので「沈みゆく船」という感覚は非常によくわかります。むしろ気付くのが遅すぎるだろうと思うぐらいです。私は前職で8年程勤めましたが、景気が良かったのは初めの数年間で、その後は衰退の一途を辿っていました。

日々「一人当たりの生産性」、「予算縮小」などが話し合われ、気が付けばポコポコと人が消えていき後日談で聞けば「キャリア面談」と称したリストラ推奨が行われるなど、正直健全とは言えない状態が続いています。

私も彼も年齢や能力的にリストラされるようなポジションではないと自負していますし、むしろ辞めると言ったら引き留めにあうでしょう。

しかし今はよくてもいずれ自分たちにも迫ってくるリストラの波や、そもそもそんなことに怯えながら働き続けること自体の不健全さを感じます。

だからお世話になった会社に少し後ろ髪を引かれる思いもありましたが、やはり自分と家族が大事なので決断致しました。

hachi
hachi

案の定もと上司とか先輩とかから電話がかかりまくってきましたが、キリが無いので半分は無視しました。

 

スポンサーリンク

会社を辞めたら人間関係も自動的に整理される

私は一度しか転職していないので経験値が乏しいですが、私自身の感覚で言えば社内で深い付き合いをしていた人達も、いざ退職したらしばらくは連絡を取り合いますが、一年もしたら赤の他人と化します。

ほとんどの人はそうなりますが、今回の彼のように未だに毎日のようにLINEしている人もいるので、これが本当に「今後も付き合っていく人」なのでしょう。

そんな彼が言う「上司の手前辞めにくい」というのはどういう感じなのでしょう。本当は居心地がよくて辞めたくない、転職活動が面倒くさい、失敗するのが怖いから言い訳を作っているのか。はたまた本当に上司と相思相愛で辞められないのか。

なんだかんだで転職するのが嫌だと思うなら問題ないですが、本当に「上司のため」というのであればもったいないですよね。仕事が無ければすぐに赤の他人と化す人のために、自分の収入を人質にするわけですから。

スポンサーリンク

社員は家族の時代ではない

終身雇用制度も限界が来ているし、上述の通り会社だって社員を個別に呼び出して面談と称して追い出している時代です。社員側だけ「社員は家族」と思うのは自由ですが、それは普段の生活を楽しくするかもしれませんが、人生の大きな決断の時に判断材料にすべきでは無いと私は思います。

「社内での人間関係がよくて働きやすい」というのであれば話は別ですが、「特定の誰か」のために転職できないとなると、それはもったいないでしょう。

彼とは今後も連絡を取り合うので、会社がいつまで耐えられるか、そして転職を決断するのか否か、気になるところです。

hachi
hachi

なんだかんだ言い訳して残るような気がするなー(笑)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました