非働き方改革

仕事
スポンサーリンク

うちの会社は近々新製品を発売するということもあり、社内がざわついています。そりゃ会社の将来を占う製品が出るわけですから、ざわつくのは仕方が無いとしても、あまりにも効率が悪すぎる。

スポンサーリンク

活動報告は日報+電話+Excelにて

わが社では活動日報は電子媒体にて記録し、必要であれば上長、本社がクリック一つでデータ加工できるようにされています。この活動記録をもとに縦横斜めと色々と切り貼りした分析データを送ってくるわけです。一昔前の手書き日報時代から比べたら相当な進歩ですよね。

それでだ、新製品の発売を間近に控え、この「報告システム」が崩壊している。

通常通りの活動報告を電子媒体でしただけでは本音が伝わらないから、毎日電話で直接上長に伝えろと本社から通達がありました。

それはそれでわかる。文字で書けないコンプライアンス違反すれすれの話もあるだろう。それは言われなくても適宜上司に報告している。

しかしだ、それプラス、「通常日報ではない本当の内容」を知りたいということでエクセルシートまで作成されて報告を求められている。

日々の活動を通常の記録として残しているが、「それは信用ならない(というかウソが前提かよ)」ので、電話でコンプライアンスに触れそうなものをアンダーで報告し、その後「本当の内容でコンプライアンス違反を含まない」ものをエクセルで出せということらしい。

hachi
hachi

ややこしいねん(笑)報告するほうもされる方も時間が無駄すぎるだろう。もうね、アホかと。

スポンサーリンク

部下持ちは深夜まで作業が続く

こんなことを毎日繰り返して、北海道から沖縄まで全ての外回り社員(600人ぐらい)が電話+エクセルで報告したら、部下持ちは寝る暇が無くなります。

hachi
hachi

そりゃね、電話鳴りっぱなしだし慣れないエクセルもバンバン飛んでくるし大変だわね。もうね、アホかと。

こういうことをしたら何が起こるかというと、「商品を売ることではなく報告をすることが目的」になってくる。そしてすでにそれが始まっている。部下持ちは部下から上がってきた「コンプライアンスすれすれの内容」をさらにその上長に電話するわけだから、全国で電話渋滞が起こる。

そしてエクセルをまとめて当日中に出さなければならないので、外に出る暇が無くなる、帰れなくなる。そうなると、本当に大切なお得意様へ顔を出す暇が無くなり、上司が籠りっきりになるんですよね。

スポンサーリンク

日本人の気質は変わらない

働き方改革とかスマートなんちゃらとか言われていますが、まだまだたたき上げの50代が上層部を占めているうちの会社では、そんな簡単に気質なんか変わるはずもありません。

一昔前の「手書き日報&口頭報告」から仕事スタイルは変わってないんですよ。消費している時間の概念が無い。

他社様のことは分かりません。しかし少なくとも弊社ではまだまだ働き方が変わる様子は無いようです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました