建国記念の日(2月11日)を正しく知って祝おう

雑記
スポンサーリンク

本日(2月11日)は祝日にてお休みの方も多いのではないでしょうか。私も休みです。火曜日ぐらいが休みだと心がほっとしますね。週休3日制が取り入れられる場合、火曜日か水曜日が休みだと気が楽だ。

建国記念日をスルーする国民

ところで本日2月11日が「建国記念の日」であることをご存知でしたか。恥ずかしながら私も学生の頃までは意識もしたことありませんでした。確認しても周辺の人で何の祝日か知らない人はたくさんいます。

でもこれっておかしくないですか?別に「愛国心」どうこうを言うつもりはありませんが、一般常識としてもう少し「建国記念日」を認識できるよう、国が発信していかなければいけない

しかし日本では国家に対する尊敬や愛着の念を少しでも国民に求めようものなら、「軍国主義に逆戻り」、「周辺国への配慮が足りない」、「終戦より70年以上経過し、忘れられる過去」などと私の大嫌いな反日メディアが騒ぎ立てます。

hachi
hachi

いや、一般常識として建国記念日ぐらい知っておけよ。そして日本という国を知ろうという運動ぐらいあってもいいだろ。何もお国のために死ねと言ってないだろう。

なぜ建国記念の日なのか

若いころは疑問にすら思いませんでしたが、なぜ「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのか、なぜ「国史」ではなく「日本史」なのか

hachi
hachi

だって学校では日本語を国語として習うでしょ。だったら日本史も国史だろう

「国史」を「日本史」にすり替えていることは置いといて(まあ同じような理由なのだが)、なぜ素直に「建国記念日」と言えないのか。「の日」が付くだけで少しだけ他国の行事のような感覚が生まれませんか。

hachi
hachi

余談ですがこういう日本語の微妙なニュアンスって好きです。

建国記念の日の沿革

もともとは「紀元節」として祭日として定められましたが、敗戦によりGHQが日本の文化、神道を排除しようと「建国」を意識させるものを廃止していきます。

悲しいが戦争に負けたのだから仕方がない。他国の文化を破壊して押し売りするのが彼らのやり方です。

1873年(明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり[3]翌年から適用されたが、第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)が、日本の文化から国家神道を徹底的に排除しようとする過程で廃止された。

※Wikipediaより

その後建国記念日を復活させようという動きが出始めますが、一度廃止したものを復活させるのは難しいのでしょう。

紀元節復活に向けた動きは、1951年(昭和26年)頃から見られ、1957年(昭和32年)2月13日には、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出された。しかし、当時野党第1党の日本社会党が保守政党の反動的行為であるとして反対した為、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となった。

中略

結局、名称に「の」を挿入した「建国記念の日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立した

※Wikipediaより

現在の「建国記念の日」が「の日」が付くことで妥協され、1966年にようやく復活することになります。考えたら国の建国を祝う日が20年近く失われていたわけだから、復活させるには相当な圧力があったんだろうな。

素直に建国を祝えない国民

今更「建国記念日」だろうが「建国記念の日」だろうがどちらでもいいのですが、やはり日本という国が創られた日を2月11日と決めた以上、もう少しメディアもこの祝日を取り上げていいのではないか。

今は「あからさまに意図的にスルー」しているだろう。別に今更建国記念日を祝ったからって、「日本万歳!」、「世界最強!」、「欧米、アジアを駆逐しろ!」なんて誰も思わんて。

「へー、日本の建国って神話にまで辿り着くんだ」ぐらいの感覚でもいいし、アメリカの独立記念日みたいにパレードなんかしなくてもいい。

ただもう少し、素直に、建国を心の中で思うぐらいで、少しぐらい話題に出てもいいんじゃないかと、建国記念の日の今日に思うのでした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました