自己学習のための書籍を経費で落とさせない上司

仕事
スポンサーリンク

今の上司に使えて一年ちょっと経ちますが、評価もしていただいていますし関係は良好だと感じています。人として尊敬できる部分が多いしストレスも少ないので、今までぶつかることは無かったのですが、今回はじめて異を唱えてしまいました。

会社で認められた自己学習のための書籍代

うちの会社は社員の成長を社是に出してくるほど「成長」が大好きで、社員が自己成長のために購入する書籍は経費で落とせるようになっています。

hachi
hachi

と言ってもあまり勉強する人は多くないから、この福利厚生を使っている人はすごく少ないんだけどね

私は元々よく本を読む方なので、ありがたくこの福利厚生を利用させていただいているのですが、先日英語の参考書を経費で落とそうとしたとき、「hachi君、英語は自分のための学習なんだから、それは自分で払いなさい」と却下されました。

私もこの会社に入社するまでは、英語の参考書は自分で払っていましたが、「会社が出してくれる」というならもちろん経費で落としますよ!

しかもアメリカ資本の会社で、英語は公用語の一つとして使われているので英語の参考書は会社が認める「成長」の範疇だろう。納得がいかないので総務に問い合わせました。

総務部:社員の自己成長をサポートするために、営業とは別予算で存在しているものなので、書籍購入に当たり上長の許可を得る必要はありません。どのようなジャンルを購入するのか、年間一人当たりいくらまで、という規定はありませんので、ご自身の成長に繋がるものに積極的に活用ください。ただし、システム上、経費の承認をするのは上長となります

な?な?な?何をどれだけ買ってもいいし、営業所予算とは別だって言ってるじゃん!承認したってお前の腹は痛まんぞ!?

俺だって「釣りの本を自己成長への投資だ!」なんて曲解して買おうとしているわけではないんだ。会社が決めたルールに則り、英語学習の参考書を買ったわけだ。そして「上長の許可も要らない」と総務が明言しているんだ!

上司:うーん。でも英語の勉強は自分でしたら?会社の予算で支払うのは納得できないので、許可しません。

hachi
hachi

上司よ…なぜに会社の規定をお前が否定するのだ

本社に報告したら確実に勝てるが…摩擦を起こしたくないため従順な犬となる

正直はじめて納得がいかず抗議したが、喧嘩しそうになったので諦めました。向こうも意地になっているだけだとは思いますが、もはや引っ込みがつかないのでしょう。

本社に訴えれば100%勝てる案件ですが、それをしたところで得るものは少ないです。人間とは多かれ少なかれ摩擦が起きるものでしょうが、その他のことはあまり疑問に思うことが無いためここは諦めましょう。

せこいと思われるか分かりませんが、私だって自分の勉強の本ぐらい自分で買いますよ(笑)ただ納得できないことでお金が消えるのは嫌なのです。

hachi
hachi

参考書代1600円…これは経費で落ちません!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました