コロナ自粛によるミニマル生活慣れが怖い

雑記
スポンサーリンク

私が勤める会社は、ありがたいことに重役の承認が無ければオフィスの利用、外勤を禁止しており、お偉いさんの承認を取らなければならないほどの仕事が無い私は。完全自宅待機が続いています。

かれこれ1か月半ぐらいこんな生活が続いています。先日緊急事態宣言の延長が決定しましたので、5月末までは確実にこの生活が続くでしょう。

友人の多くは既に仕事を再開しており、大変そうだと思う反面、仕事があっていいなと思ってしまう社畜体質の自分もいます。

hachi
hachi

この生活、結構きつい(‘_’)

生活費が過去最低を記録

我が家は家計簿はつけておりませんが、クレジットカードの支払から出費を記録しています。

この1ヶ月の生活費…びっくりするぐらい少ないです。

平常時だと、外勤日のお昼も妻がお弁当を作ってくれていたし、水筒持参だから、平日は私の財布から1円も使うことはありません。

物を買うことも無いし、服は清潔感さえ保てていれば新しいものを必要としません。幸い妻がもとハイブランドの社員なので、専属の衣装係としてユニクロできれいにまとめてくれます。

普段からお金はあまり使わない方だと自負しておりましたが、それでも使っていたんだと気付かされます。

週末は家族でどこかに出かけていたし、ランチも外食が多かった。月2回ほどは仕事関係の人と飲みに行っていた。

それが、ぜーんぶ無し。ただひたすら家にいて、出費は光熱費と数日に1回のスーパーと、妻がネットで買うよく分からないアイテム(定期的にAmazonの箱が届くが、中身は分からん)だけだ。

恐らく光熱費は少し上がっているだろうが、幸い暖房をつける季節ではないため、大したことは無いだろう。

hachi
hachi

こんな状態で・・・経済が回るはずがない

ミニマル慣れが怖い

この自粛生活がいつまで続くか分からないが、みんな少なからず自身の生き方に影響が出たのではないだろうか。

「あの飲み会いらなくない?」とか、「散髪ってもう少し頻度延ばしていいよね」とか、「ランチで1000円とか高すぎ」とか、一度ミニマルな生活を経験して目に見えて出費が減ると、コロナが消え去った後ももとのようにお金を使えるだろうか。

私は相当生活費を抑えて生活しているつもりでしたが、外界から隔離され、食料と水や、電気ガスなどのインフラを除いて全くお金を使わない生活を続けると、それでも使っていたのだと自覚しました。

コロナの影響で収入が減った方も多いでしょう。我が家も残業代や営業手当が無くなった分、収入は減りました。

そして自粛により節約生活に慣れてしまえば、もとのようにお金を使う人が相当減る気がします。

観光地での大混雑、大人数での宴会、ハナキンと浮かれて週末に深夜まで飲んでタクシーで帰るような光景は、しばらく戻ってこないんじゃないか。

hachi
hachi

本当にじわじわとお金が回らず消えて行く企業が増えてきそうだ…。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました