昇格試験に合格した管理人の心境

仕事
スポンサーリンク

コロナウイルスの影響にて2か月間完全に引きこもり状態の管理人です。ただ私は営業職なので引きこもりですが、本社はZOOM会議を駆使してフル稼働中でございます。

だから営業職以外の年間行事は滞りなく進行しております。人間の適応力ってすごいものですね。

私が勤める会社は年に一回所長への昇格試験があり、一定の等級、前年の評価基準で”良”を満たせば誰でもチャレンジできるようになっています。

hachi
hachi

実際は年間評価が”良”となるのが、各営業所で1名ぐらいになるので、そう多くはチャンスは巡ってこないようですが

幸い今の上司との関係が良好なこともあり、転職してまだ2年ですが昇格試験を受けさせていただくことになりました。

昇格試験は筆記(今年はWeb)とプレゼン10分+質疑応答形式の面接で、筆記は4月に合格していました。

管理人、昇格面接を受けることになる
昨日人事より連絡があり、GW明けに所長昇格のための人事面接を受けていただくことが決定したとのこと。・・・・・・無理!( ;∀;)転職してまだ二年だし、まだ30代だし、とても人の上に立つような人材ではありません。向上心も無いし、早くお...

正直転職して間もないし、30代だし、何のコネも無いから面接に受かるとは思っていませんでしたが…

受かっちまったよ( ゚Д゚)

おい、どうすんの?(笑)

昨日人事から合格メールが来て、あまりにもびっくりして携帯を落としそうになりました。

hachi
hachi

部下持ちとか、無理っす…仕事関係の人は誰も気づいてくれませんが、私メンタル弱いんで

幸い昇格試験合格者は、順次ポストが空き次第所長へ昇格と言うことらしいので、今すぐと言うことではないそうですが、よほどのコンプライアンス違反とかをしなければ、いずれ所長になることは確実なようです。

勤めているのはものすごく大きな会社ではありませんが、米国株投資家であれば米国優良企業の一つとして知っているはずの企業です。

そんな企業で出世するってよ…どうしてこうなった…?

私は年収に惹かれて今の企業に転職してきましたが、平社員でも年収1000万円を貰えているし、出世なんかしなくても十分だと思っていました。

ただ性格的に仕事で手を抜くのが好きでは無いので、やることはやってきたし評価も高く頂いていました。

でもそれは平社員として能力が高いのであって、人の上に立つようなタイプでは無いんですよ(;・∀・)

聞くところによると、平社員には無縁の世界ですが、所長会議での発表では支店長、さらなる上層部から怒号が飛ぶことが日常だそうです。

普段二次上長として接している支店長とは別人になるとか…。

耐えれるんかな…というのが率直な感想です。

投資家として唯一ありがたいことは、所長に昇格したら年収が100万円~150万円程上がるということでしょうか。

それと引き換えに大量のストレスが付与されます。

hachi
hachi

ブログの更新が途絶えたら、こいつメンタルやられてふさぎ込んでいるんだとお察しください(;・∀・)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました