一週間の出張が終わりました

仕事
スポンサーリンク

東北への出張が終わり、昨日久々に帰宅いたしました。久々に会う家族に感謝の念で一杯です。相変わらず3歳の息子は良く喋るなと圧倒されておりますが。

1週間でコロナも増えているし、私も直近で増えている仙台に宿泊していたので不安もあります。内勤が主だったので会議室にこもっていることが多かったのですが、それでも2回外食していますし、電車、バス移動もしています。

hachi
hachi

疲れもあるし正直怖いよね

スポンサーリンク

出張を終えた感想

正直、5泊6日の出張は疲れました。東北らしい美味しいものを食べる余裕もなく、ただひたすら内勤と移動に追われ、「そもそもこれだけ内勤しているなら関西でよかったんじゃね?」と思っていました。

hachi
hachi

時代に合わせてリモート所長です

ただうちの会社は8月以降も原則外勤を控え、電話やZOOMなどを駆使して仕事してくださいと本社から指示が出たので、もうこんなに出張することは無いでしょう。

しかし、外勤を極力控えろって、もう4か月以上経つけど会社は大丈夫なんかいな(笑) 8月以降は「ウィズ・コロナの働き方」を構築し、ワクチンなどが出来るまで現在の外勤規制を継続するそうです。

集合での会議は年内は無理だろうね。私は部下に直接会う機会が今後あるのだろうか(笑)

スポンサーリンク

少しずつ見えてきた人間関係

7月1日に部下の方にZOOMでご挨拶し、気さくな方が多いと感じていましたが、やはり個別に電話やZOOMをしていると、少しずつ見えてくるものがありますね。

前任がパワハラで降格になった営業所なので、みんなビクビクして色々聞いてくるし、部下同士仲良さそうに見えても「あの人はちょっと…」みたいなことを言ってくる部下もいる。

少しずつ信頼されてきているのかもしれないけど、間違っても「そうだよねー、俺も思ってた。あいつってちょっとさー」なんて同調したら終わる。

むしろこれはトラップか?

結局のところ、仕事のストレスって人間関係ですよね。しかも得意先ではなく、社内の。

私は前職であまりにも上司との相性が悪くメンタルをやられかけて転職をしているので、慎重に行きたいと思います。

前任の所長がパワハラが問題で降格になったとはいえ、結束して訴えた部下たちの姿を想像すると、若干ゾッとするものがあります。

hachi
hachi

もちろんパワハラ上司が悪いのだけども、メールなどの証拠や、証言を記録して人事にまとめて提出するとか、なかなかできることじゃないよ

スポンサーリンク

着かず離れず、程々の人間関係を維持します

友達じゃないのだから部下のすべてを知ろうとか、家族関係にまでアドバイスをしようなんて思うからおかしくなる。

そもそも他人なんだし、私だって先日まで平社員で今この立場になりましたが、中身は何も変わってない。

いきなり「さぁ今日から俺がお前たちを指導してやるぞ」なんて意気込むからパワハラになるんだろう。

hachi
hachi

まあ、人事の所長研修を受け続けていると、そういう気持ちになる人もいるのだとは思う。宗教のような所長の理想像をひたすら言われ続けるから(笑)

幸いリモート所長だし、良くも悪くも関係性は希薄なまましばらく行くでしょう。後は数字さえ「最悪」でなければ、そうそう降格になるはずは…ない…と思う。思う!

せっかく給料が上がったし、サラリーマン人生で一度でも部下持ちを経験できたので、最低でも1年は続けたいなと感じます。

先月まで上司だった、私を送り出してくれた所長が、「所長の生存率は5年間で30%」と言っていました。つまり5年で7割の人が降格されるわけだ。

hachi
hachi

いつまで生き残れることやら。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました