人事本部長の「嫌なら辞めろ」に同意する

仕事
スポンサーリンク

仕事の話ばかりで恐縮です。投資に関しては他の方のブログをご参照ください(*’▽’)

7月より所長としての勤務がスタートしています。

あらゆるところから問い合わせが増え、もはや「俺だって先月まで平社員だ!そんなこと知るかっ!」と答えたくなるものも混じっていますが、給料が上がった以上そんなことは言ってはいけません。

そんな中、人事主催の研修もスタートしました。時代に合わせてZOOMですが。

hachi
hachi

昇格が決まってから何度も研修を受けているけど、本来であればこれが毎回東京出張だと思うと結構面倒だな。ZOOMでよかったよ。

職業選択の自由

さて、今回の人事主催の研修は、マインド系ではなく管理職として知っておくべき労働基準法や勤怠管理でした。

hachi
hachi

今までマインド系ばかりだったからね…こっちの方が大事だろう。

普段あまり話すことのない人事本部長より、会社の基本的な雇用と労働に関する考え方を伺うことが出来ました。

人事本部長の雇用に対する考え方は、「嫌なら辞めろ」でした。さすがにこんなストレートな言い方はしていませんが、簡単にまとめるとそういうことでしょう。

「日本には職業選択の自由があります。皆さんがこの会社を自分に取っていい会社であると判断し、働いているわけです。ご自身の成長、労働環境にとって、もっといい会社があれば、そちらを選択する自由もあります」

すごく温厚な話し方ですが、部下を持つ立場になって、会社に対する不満を聞くことも多くなるだろうが、「自分で選んだんだろ?」と言うことは自覚させてくださいと言うことでした。

企業選択も自己責任

同じタイミングで所長になった同年代の人は、「あの人事本部長めちゃくちゃやばいな。嫌なら辞めろとか怖すぎるだろ」と言っていましたが、私はすごく納得していました。

労働基準法も無視して、セクハラやパワハラが横行していてうつ病や自殺者が多発しているというなら話は別ですが、そうでないなら「不満があるなら辞めて他に行けば?」と言う人事本部長の言い分は理解できます。

どうせどれだけ会社が社員のために色んな施策をしても、不満なんかゼロにならない。

「ご自身にとっていい企業を求めて、どうぞ転職してください。可能な限り1か月前に通知して欲しいけど、法律上は2週間前なので、それだけは守ってね」だそうです。

hachi
hachi

私も投資を始める前であれば、この人事本部長やばいわ…と思っていたでしょう。

しかし、今は労働者がどういう属性のものか分かってきています。人事本部長が言っていることはすごくシンプルで正しいと感じます。

hachiはこの会社にしがみつきます

私は2年前に転職してこの会社に入っており、その時の不安や苦労を二度と経験したくないので、この会社にずっといたいと考えています。

今回の昇格で年収はおそらく1200万円前後に上がったと思うので、もういいです。いや、本当にもう十分ですって!

そもそも私のような国家資格や特殊スキルを持ち合わせていない一般労働者が、こんなに貰うことがおかしい。

本当にこれ以上求めないから、何とか心穏やかに仕事をさせてくれないかと願うばかりです。

資産的にはまだ仕事をリタイアできないので、後10年ぐらいは頑張る必要があります。10年間所長を継続できるかどうかは分かりませんが、とにかく会社には居続けたい。

最悪降格になっても、上がった基本給はそのままになるそうなので、そういう選択肢もありです。とにかく後10年よろしくお願いします!

hachi
hachi

メンタルやられないようにしなきゃね…。色んな人が筋トレを勧めてくるのですが、なかなかやる気が起きません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました