投資額が大きくなると定期昇給などどうでもよくなる

仕事
スポンサーリンク

本日からまた一週間が始まります。月末月初は提出物が多いので、内勤に追われる予感がしています。また、会議も実施しなくてはいけないのでその資料作成もあります。

hachi
hachi

会議って受ける側だと文句言ってれば終わるけど、提供する側って本当に準備が大変なのね。歴代の上司、お疲れ様です

日々月給レベルで資産が増減する

私は5400万円程を米国株(ETF含む)に投資しています。右往左往しながらも、着々と買い増してここまで来ています。

これぐらいの資産になると、1%の増減で資産が50万円動きます。もはや月給レベルです。そして1%株価が上下する日なんてそんな珍しくありません。毎月しょっちゅう起こります。

今は相場が好調なので、毎日のように資産が増えている感覚があります。

私なんかVOOや、アルトリアやコカ・コーラなどの冴えない銘柄を多く保有しているので歩みは遅いですが、ハイテクメインで投資している方の資産の増加はすさまじいものでしょう。

そんな中、定期昇給で年収が2%上がるだの、今年は2.5%になりそうだの、もはやどうでもよくなります。

hachi
hachi

だって月1万円増えるかどうかでしょ。

必死になってもたった1%前後の違い

業績や上司との相性によって変化する、1.5%~3%ぐらいの定期昇給レンジを必死になって取りに行く意味はもはや感じられなくなっています。

もちろん同じ仕事をしてもらえる金額が増えるのはありがたいので、定期昇給は多ければ多いほどいいのですが、よほど上司に嫌われない限り2%ぐらいは増えます。

それを必死になって上司と仲良くなり、業績も上げ、よく分からない手上げ性の研修も「成長したいですっ!」みたいな顔して率先して受けて、最高の評価を受けても3%ぐらいが限界です。

このシステム、考えたら本当に会社からの給与のみに依存するサラリーマンにとってきつい事実ですよね。

毎年必死に働いて、年間たった1回だけ昇給があって、それが1%以下の単位で細かく刻んで順位付けされる。

そして昇給した金額と同じぐらい何かしら理由をつけて税金も上がる。

・・・やってらんねーよな( ゚Д゚)

資産が蓄えられたら細かい昇給は必要なくなる

そうは言っても若いうちは年収が低いので、上げる努力をしないと投資するにも種銭が足りなさすぎます。年収が低いうちは税金もそんなに上がらないので、手取りもしっかり増えるでしょう。

しかし私はもう定期昇給の1%未満レベルの昇給はどうでもいいです。

今回昇進して大きく年収が上がりましたが、そのレベルでないともはや差が生まれません。

これ、たかだか5000万円程度の投資額で感じていることですが、1億円投資したらどんな感覚になるのだろう。

「月給とかどうでもいいわ」とか言い出すんかな。

hachi
hachi

あー、早くリアル金持ちの感覚を体感したい

今週も頑張りましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました