朝のWeb会議に来ないオッサンの処遇を真剣に考える②

仕事
スポンサーリンク

7月より所長になり、初めて部下を持って2か月ちょっと。私が色々と慣れないことも多く、ベテラン上司に比べたら部下も不満はあるでしょう。上司が選べなくてすみません。

意見が違っても仕方ないし、人それぞれ能力と言うものがあるから、正直パフォーマンスが高い人と低い人ははっきりしています。

部下も選べないのです。お互い歩み寄りましょう。

まあそれはいいとして…

朝起きろって( ゚Д゚)

朝9時のZOOM会議に寝坊するオッサン

部下に一人50歳を過ぎたオッサンがいます。周囲から呆れられるほど朝が弱いそうです。

朝4時半起きの私からすると強いとか弱いとか意味が分からないのですが(これを強いと言うのかもしれんが)、遅刻が常習だと。

先日1回食らっていて、「体調不良」だというのでとりあえず性善説で信じ、「体調不良であれば連絡一本入れて休んでくれ。有休なんか使い切っていいから」と伝えていました。

朝のWeb会議に来ないオッサンの処遇を真剣に考える
私は現在11名の部下がいます。そのうち実際に会ったことがあるのは2名だけで、後はみんなWeb面談しかしていません。所長になって1ヶ月半経つのにコロナのせいでこんな状況。下手したら今年は会えないかもしれないね。でも考えたらこれが時代なの...

2ヶ月で二回目です…またやってくれました。

 

hachi
hachi

完全に舐められてますね。

過去に何度かあったとはいえ、私が目撃したのが1回目である以上、前回は「こまったなぁ(笑)」と他のメンバーの前では笑っていましたけど、今回は「皆さんの意欲が下がるのできっちり処分します」と伝えました。

私が怖いと思ったのかオッサンいい気味だと思ったのかは知りません。あまりにも酷い。

折り返しの電話が11時半

そうは言っても他にも仕事があるので、オッサンのことを忘れて仕事をしていたら11時半にかかってきました。

だから寝坊にもほどがあるだろうよ( ゚Д゚)(笑)

オッサン「すみません…もう私病院行った方がいいかもしれません。体調が…」

私「この短期間に2回目なんでね。私は医者じゃないので病気かどうかの判断は医者にしかできないのでそれはいいです。昨日飲みましたか?」

オッサン「飲みました。でも一軒だけです。」

私「一軒の後の記憶はありますか?二軒、三軒行ったとか。寝るまでの記憶はありますか?」

オッサン「あります。昨日は仕事が遅かったので、21時~23時頃まで店にいて、ちゃんと寝た記憶があります。朝起きたら11時でした」

私「この短期間で2回ですよ。しかも朝会議があるから露呈しているだけで、本当は週1回ぐらいこんな日があるんじゃないですか?」

オッサン「ないです。この2か月で2回目なのは事実ですが、他の日はちゃんと起きています」

私「週1回ぐらいの朝会議で、2か月で2回、たまたまあなたが寝坊した日に会議が重なったと。その認識で合っていますか?」

オッサン「ハイ…」

hachi
hachi

嘘つき(笑)

オッサンのモーニングコールなんて聞きたくない

毎朝「起きましたコール」をさせるか本当に悩みましたが、私自身がそんなオッサンのモーニングコールを聞きたくないため、後一回だけ見逃しました。

「次同じことをしたら毎朝報告ですからね」と同意を取りました。

こっちだって毎朝オッサンの声なんか聞きたくねーよ( ゚Д゚)

これで営業成績が抜群であれば、人間は凸凹で面白いなーと思うところですが、むしろパフォーマンスは悪いです。

どこに行ってもこういう人は部下にいるもんかね…いや、少なくとも私が平社員だった時の前のチームには…

あ…試験日に寝坊してきた奴いたわ(;・∀・)

hachi
hachi

大丈夫か?うちの会社。「朝起きたら顔を洗いましょうね♪」みたいな【指導】が今時の上司に求められることと言うことか…

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました