仕事に生活を奪われる残念な労働者

仕事
スポンサーリンク

昨日は日曜日でお休みでしたが、有給を取って温泉旅行に行っていたときに溜まった仕事が多すぎて、諦めて朝から15時ぐらいまで会社で仕事をしていました。

先々週ももプレゼン資料を作るため、土曜日に朝9時から夜9時頃まで会社にいたし、最近休日に会社に行くのが当たり前になってきている。

しかも昨日会社に行くと、隣の部署の所長が途中で入ってきて仕事をしていた。休日に会社に来ているのでオフ感覚で少し話していましたが、大体似たような理由で休日に会社に来ているのだと。

いや、ダメだろこんな生活。

今週も研修と出張が重なっているので、正直また週末に仕事を持ち込んでしまう気がする。仕事自体は単純作業が多いからストレスではないんだけど、休日に仕事をすることがストレスではなくなっている時点で、ちょっと危険信号だよな。

会議、報告書類、内向きなものばかりが増える

うちの会社は業績はそこまで悪くないのですが、現在コロナの影響で営業がフル稼働できていないため、「何もできていない中で何をしているか」を報告するファイルが増えてきています。

どんどん作られるので、ものによっては二重、三重報告になっているのですが、お構いなしです。

部下に丸投げするにはあまりにも…というものばかりなので、こちらである程度処理して渡しています。そんなことをするから休日に出勤する羽目になるのだけれども。

最終的には雇用を守るためということになるんだろうけど、もうこの状況で自主的に働こうとしない人を守るために、コロナ禍でも活路を見出して働いている人まで巻き込んで報告書類だらけにするのはよくないね。

hachi
hachi

終身雇用の悪いところだね。雇用ありきで進むから。いっそ3割ぐらい切ってしまえばいいのではないかと思うことがある。

マイクロマネジメントの弊害

コロナ禍で何をしたか、何をする予定かを細分化して報告を求めて、おまけに書類A,B,Cが複雑に重なっていて同じ内容を報告している箇所が多い。

これね、やりすぎると嘘報告が増えるし、真面目にやっている人が嘘ついている人より「劣っている」と評価されてしまうし、完全に悪循環に陥ってくる。

上述の通り雇用を守るためということになるのだろうけど、そこまでして守っているのは末端社員なのか上層部のポストなのか…。私は後者だと思うな。

雇用を守るためという内向きな発想で仕事をしなければいけないという、労働者の辛いところだね。私も含め、日本の多くの労働者は「じゃあ辞めます。ほかにオファーがたくさんあるので」と言えない状況にある。

hachi
hachi

早く労働者階級から解放されたいよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました