粛清の予感

仕事
スポンサーリンク

コロナの影響で営業部隊が自粛モードに入って半年以上経ちました。うちの会社は上品で、基本的に出るなというくせに、出ていないと社員には厳しく問うというよくわからない方針を取っています。

部下には真面目に自粛していると必ず痛い目にあうからとアンダーで伝えているのですが、のんびりしているおっさんは自粛をいいことに暇しています。

hachi
hachi

いくら会社の業績が良くても、こんな状況長く続くわけがないんだよ

稼働していない社員の調査が始まった

昨日急遽支店長から連絡があり、この数か月で稼働日数が一桁(数日)の社員が全国に散見されており、理由を調べてくれときました。

hachi
hachi

いや、そりゃ会社が出るなというからだろうよ。

会社の建前としてはコロナウィルスの影響を考慮して最低限の外勤と言っているけど、いざ本当に最低限にされると、その営業員は必要なのか?という本音が出てくるんでしょう。

残念ながら全国に散見されている数日しか働いてない社員に、私の部下も含まれていました。

な?だから言っただろ(笑) こんな状況に長くいて、ただで済むはずがないんだって。

危機感のない奴は淘汰される

この状況で「もしかしたら危ないかもしれない」と思っている人は、自主的に動いてむしろこの状況を利用して成績を上げています。

しかし、「コロナってきついよなー」と半笑いしているおっさんに対しては、パワハラにならないよう低姿勢で「何か活動の担保を残してくださいね。得意先へ送ったメールとか、郵送の領収書とか」と伝えていますが、言った瞬間はやるのですが、理解をしていないので結局またぼーっとしています。

人を動かすって難しいですね。

あのな、想像したらわからんか?

家にいて得意先にメンテナンス程度のメールを送って、かかってくる電話にちょろっと対応して、「資料を求められたので郵送してきました!」とドヤ顔で報告して、年収800万円ってよ。

・・・今後ももらい続けられるわけないだろ( ゚Д゚)

若い人のほうが就職氷河期とかニュースとかに敏感でこの空気を理解してくれていますが、長年正社員で守られてきたおっさんはきついですね。明日も雇用してもらうことが前提になっている。

hachi
hachi

さて、そろそろ会社が動き出してきた感じがあるので、私も少し遠慮を減らして危機感を伝えていきます。私も生き残れるかなー。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました