現在の現金比率20%

投資
スポンサーリンク

昨日の夕方、さすがに郵便物が溜まっているだろうなと年始初めてオフィスに行きました。テレワークもここまで進むものですね。たまたま居合わせた上司(年始お初です)と喋っていたら、やはり大型組織編制は現実のものとなりそうでした。

4月頃に全国の所長に対し、部下をどこに埋め込むか作業をしてもらうからそのつもりでとのこと。

hachi
hachi

で、君たち支店長は私たち所長をどこに埋め込むかパズルするんだね(笑)

どういうわけか転職前から私そういう大型編成の時は大きく動いてきました。独身時代なら分かりますが、妻子が出来てもその傾向は変わりません。何ででしょうね、言いやすいからかな。

2月は下落が既定路線なのか

Twitterとか眺めているとあまりよくないですね。2月は調整、2月に注意って散々書かれています。合言葉みたいになっていますが、どうなんでしょう。

分かっているなら大きく現金比率を高めるべきですよね。私はと言うと、現金比率は20%でした。13万ドルですね。

その「2月への備え」としてはどうなんでしょうか。私は今までほぼフルインベストメントで来ているので、これでもたくさん現金を残しているつもりです。

しかし一般的には資産の8割を投資に向けている時点で、相当攻めています。

人によっては2月に向けて現金比率を高めるためにポジションを減らしておられます。機動力があって素晴らしいです。私はと言うと、あまり手放せるものが無いんですよね。

P&GとJNJしか個別株が無い

昨年個別株は大幅に処分したので、今手元に残っているのがP&GとJNJのみです。評価額は合わせて1000万円程度ですね。それなりの金額を保有しています。

残りはETFなので、売る気にはなれません。

だからもし現金比率を高めるのでしたら、もうこの個別株を全部無くし、たくさん税金を払った後に買い替えをせず、しばらくおん全すると言うことでしょうね。

その後また個別株を買う気にはなれないので、もうETFオンリーで行くことになります。

売ると税金がかかるし無駄だから、もう”売らない”と決めるのであれば、個別株は全部売り払ってVTを持つのがいいのかもしれません。資産の多くはVOOで持っていますが、全世界型であれば本当の意味で一生持てるでしょう。

どうしても情報源を米国株大好きな方々からの発信に頼っているので、米国を中心としたものに偏っていますが、資産の大部分をVTにしている方っていますか。

市場が大きく荒れるようなら、再度考えます。

hachi
hachi

これで今後VTを中心に買い増ししていったら、もう保守的過ぎてアクティブ投資家から馬鹿にされそうです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました