給料がクレジットカード請求で消えていく

お金
スポンサーリンク

本日は2021年の初給料日。別に給料日だから何かをするわけではありませんが、やはり労働者として賃金を受け取る立場なわけで、このために労働しているのだと思っています。

成長とかそんな崇高なものじゃないよ。お金のために働くんだよ。

クレジットカードの引き落とし30万円

年末年始で旅行はしていないのですが、やはり普段より贅沢なものを食べたり、色々と物を買ったようで請求額が30万円になっています。

先月はスーツを新調したのも大きいです。そこまで高級品ではないのですが、オーダーで7万円程。これだけで結構なウエイトを占めますね。

あと光熱費も高い…。在宅勤務で一日家にいることが多いのもあります。

月の生活費で30万円…これって多いですか?

私の月給は額面では75万円ぐらいなのですが、そこから税金やら家賃やら社内積立株やら引かれると、銀行に振り込まれるお金は40万円程です。

hachi
hachi

収入が上がっても銀行に振り込まれるお金はたった40万円だよ…

しかも先月(年末)は出張が多く部下と飲みに行くことが何度もあり、都度1万円以上払っていたので、このクレジットカード明細とは別に現金で支払っています。5万円は軽く飲み代に消えたので、完全に赤字家計です。

おや?「働いて節約して投資」するの「節約」の部分が抜けているぞ(笑)

少しでも気を抜けばすぐに貯まらないサイクルになるのが労働者

年収1500万円とか2000万円稼いでいる人は多少のことは大丈夫でしょうが、一般的な賃金、もしくは少し稼いでいる程度では、気を抜いたらすぐに赤字体質に転がり落ちます。

「年末年始ぐらい」とか、「スーツぐらいはいいものを」とか、理由をつけて消費していたらお金はどんどん消えていきますね。

今月は「給料日の二日後にはクレジットカード請求で一文無し」を見事に体現してしまいました(笑)

しかもそんなに贅沢しているつもりもなく、普通に生きているだけと思っているのが危険ですね。

例え銀行に振り込まれるお金を全部使ったとしても、積立NISAで3万円、社内株で7万円で合計10万円は投資に回していますが、ベースは銀行に振り込まれる給料なので、これを目いっぱい使うサイクルは改めないとだめですね。

hachi
hachi

労働者って本当に儚いよね…ちょっと気を緩めただけで一か月働いた分のお金が消えるわけだから

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました