安居酒屋の5000円がもったいないと感じる体質

雑記
スポンサーリンク

最近少しずつ”飲み会”なるものが復活してきた気がします。コロナコロナと言っていましたが、もう一回感染している人も多いし、周りで誰も重症化していないから警戒している人が減ってきましたね。

自分から誘うことは滅多にないですが、誘われたらある程度顔を出すようにしています。

以前なら全力投球だったのですが、お酒を控えていることもありあまり楽しめなくなりましたね。

お酒をガンガン飲んでいる時は、「飲み会だから仕方がない」みたいな変な言い訳を持って飲むこと自体を楽しめましたが、最近はビール1~2杯でアルコールフリーに切り替えるので長時間の飲み会が苦痛です。

早く帰りたいよー。

大体安居酒屋に行くと一人当たり5000円ぐらいでしょうか。メンバーによっては1万円ぐらい払います。

この出費に対して、以前は何も感じていませんでしたがすごく無駄だと感じるようになってしまいました。

大して美味しくない唐揚げ食べて、泡がスカスカになった生ビール飲んで、5000円か…それなら1万円出して高級焼き肉の方がまだ価値があるかな…など、せこいことを考えるわけです。

「とりあえずビールがあれば幸せなんで」と言えていた30代が懐かしいです。身体も思考も保守的になってきましたわ。

hachi
hachi

まだ守りに入るのは早い年齢だとは思うのだけども

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました