一晩で100万円が消える

投資
スポンサーリンク

株式資産の含み益は砂上の楼閣です。いつでも消え失せる。消えるどころか含み益だと思っていたら含み損に突入することも多々あります。長期投資というのは言うのは簡単ですが、この流動性に耐えながらも長期で市場に居続けることが必要なので、思ったよりも覚悟と信念が必要です。

hachi
hachi

長期投資≠一生ホールドでは無いので、適宜リバランスするスタイルもありです。私は頻繁な売り買いをして失敗した経験から売らないと決めていますが。

新型ウィルスの恐怖からNYダウ大幅安

金曜日の米国市場は大幅安で取引を終えました。理由は「新型ウィルスの蔓延により経済活動への影響を懸念」してだそうですが、本当かいな。

おかげさまで私の資産も一晩で100万円以上消え去りました。この数日の下落で合わせると200万円以上吹っ飛んでいます。もう慣れているので放置しますが、市場というのは「コツコツドカン」で上がるときはちょっとずつだけど、下がるときは一気にきますね。

新型ウィルスは怖いけど、それが長期的に世界経済へ打撃を与えるほどでしょうか。サービス業はしばらく厳しいでしょうが、それ以外はさほど業績に影響は出ないでしょう。

今まで順調に上がりすぎていたから、インパクトのあるニュースに乗じて一旦利益確定、ポジション調整をしたというのが本音だと考えています。

資産の増加に伴いとてつもない金額が増減する

何千万円も株式に投資すると、一晩で100万円が吹っ飛ぶなんてことはよくあります。私のような普通のサラリーマンは社会保険や家賃などを引かれると自由に使えるお金は月々30万円程です。ボーナスだって業績が良くて手元に100万円残ればいい方です。

サラリーマンが一か月必死に働いて得られる労働賃金を上回る金額が寝て起きたら消えているという感覚、慣れるには少し時間が必要です。

hachi
hachi

私も投資初期は朝から不安になったり高揚したり、無駄に口座にログインしたりと不安定な時もありました(笑)

今となっては慣れたもので、この程度の下落では全く動じることはありません(下落を喜ぶようなM体質ではありませんが)。

余力のある投資が精神を安定させる

投資歴が長くなり頻繁に売り買いせずしっかりと含み益が確保できた場合、少々の下落では含み損に突入しなくなるため精神的に楽になります。

私もおかげさまでたくさん含み益が乗っているので、まだまだ下落に耐えられる体力が残っています。銘柄によってはアルトリアのように決算が悪くて再度含み損に突入(80万円程赤)したものもありますが、その他の含み益で十分カバーできているので、トータルがプラスであれば気になりません。

短期的に含み益を増やすには当たり銘柄に集中投資するしかありませんが、S&P500ETFであれば5年以上こつこつ買い増ししていけばそう簡単にマイナスにはならないです。時間分散せずに一気に買えば運が悪ければ10年含み損とかありえるかもしれませんが…。

凡人投資家はS&P500ETFをコツコツ買う

頭のいい人、市場の流れに合わせて売り買いして利益を出せる人はどんどん勝負したらいいです。しかし多くの凡人投資家は自分は市場にうごめく魑魅魍魎たちよりも情報も知識も技術も経験も劣っていると認識したほうが気が楽です。

世界中で第一線で戦うプロたちを出し抜いて自分の方が利益を多くあげられると思うより、難しいことは理解できないから市場平均のリターンを貰えばいい。それでも十分すぎるほど利益は出ます。

凡人投資家こそ、S&500ETFがオススメです。私はしばらくインデックスしか買いません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

  1. うさみみ より:

    >本当かいな…、仰る通りですよねw
    アメリカは影響が軽微な国の一つだと思います。航空会社2社かな?中国便止めていますし。そもそも観光客がそれ程多くないと言っていました。留学生は多いですが。
    ただ、メイドインチャイナのサプライ品というのか、が生産停滞してアメリカへの供給不足という懸念はあるでしょうか?
    株式市場的には良い押し目買いに見えます〜。−10%でも全然調整の範囲かと。
    hachiさんはリーマンショックを経験されましたか?
    債券の投信を持っていましたが、当時人気のオセアニア通貨だったので買値が高く爆死しましたw
    いつも怪しげな勧誘ばかりしてきた証券会社でしたが、たった1回本当のアドバイスだったわ(T_T)…と後で分かったのは「今は一時的な下げです。必ず戻りますから売らないで下さい!」と言われた事です。でもそれまでに不信感が溜まっていたので「フン、信じられない」と思い投げ売りしました(泣)。売ったら苦痛と恐怖から解放はされましたが。
    精神面への影響も合わせて、まぁ〜勉強になりました。家族に投資している事を話しておく事も心の負担軽減になると思います。私はその時具体的に話しました。隠していた訳じゃありませんでしたが、全体のお金も動くので夫婦で知っていた方がいいかなと思いました。これは人それぞれですけど。

    それでも株を始めて、堅実な家計を心がけるうちになんだかんだでマイナスが薄まりました。普通に黒字家計を続けるだけでも回復するものです。
    特に株はやめない事が肝ですね。上手い下手や手法の違いはあれど。

    • hachi hachi より:

      うさみみ 様

      コメントいただきありがとうございます。私はリーマンショック時は投資をしていないため、まだ経験の浅い投資家の一人です。
      いくら偉そうに「長期保有」と言っても、あのレベルの暴落を経験して生き残った方々とは言葉の重みが違うと感じます。

タイトルとURLをコピーしました