断酒ライフ継続中 メリットしかない

雑記
スポンサーリンク

断酒20日目。以前上層部の圧力に負けてビールを1杯だけ飲んで日数が途絶えましたが、お酒を止めてから2か月近くその1杯だけです。

hachi
hachi

ノンアル民にはこの凄さは分からんだろう!

「断酒するとメリットしかない」と聞いていましたが、本当にメリットしか無いですね。たまに地方に出たときに日本酒とかワインとか、ご当地モノを見るとそそられますが、もう飲まなければそれ以上特に思うことはありません。

どうせ美味しいのは初めの一杯だけなのを知ってるしね…飲み続けていると、そのうち何を飲んでも大して変わらんようになる。酒は味覚を鈍らせるのだ。

先日仕事のチームで飲む機会がありましたが、ノンアルで通したため日付が変わるぐらいまでお店にいたにも関わらず、ダメージは少なかったです。

日付が変わるまでまともに飲むと、早寝早起きの私にはダメージが激しいんですよ。

次の日に起きる(それでも四時半に起きる)と、明らかに酒が残っていて一日だるかったところですが、ノンアルに変えてからその苦痛がありません。

ただ眠たいだけ。

睡眠不足+酒が残っている状態って最悪ですからね…。

日々飲んでいると、シラフの時でも時々襲ってくる妙な吐き気も無くなりました。本当はアルコールを受け付けない体質だったんでしょうね。

デメリットとして挙げられる”人付き合い”ですが、昔ほど派手な飲み会も無くなったし、さほど問題はありません。

酒飲みって飲めない人にも飲んでほしい空気を出しますが、自分が酔いだしたらそんなことどうでもいいんですよね。だから色々と言われるのは初めの一杯だけです。

「極端なことはやめたほうがいい」、「俺は普段飲んでないけど全く問題ないよ」など、色々と言われておりますが、そんなもん知らん。

私は”時々”とか、”少しだけ”飲むことができず、中途半端な節酒を何度も失敗したので、完全に断つ方法を選んでます。

コロナの影響が減って少しずつ飲み会が復活していますが、それでも以前ほどではなくなりましたね。バカ騒ぎしている人々への冷たい視線は強化されたまま残っています。

2か月弱、ほぼアルコール無しで生きてみましたが、本当にメリットしか無いです。デメリットも、健康を害してまで改善しなければいけないようなものが見当たりません。

このまま飲めないキャラを作っていこうかと思っています。

hachi
hachi

40歳も近づいてきたし、いいちょうどタイミングでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

                     

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. との より:

    激しく共感してます!
    私もコロナで断酒しました。

    結果、多大なメリットを感じています。
    お酒で理性が低下して深夜にお菓子をドカ食いすることがなくなり、痩せました。また、日常的な倦怠感や下痢もなくなって、体調も良好。

    さらに、正気の時間が増えたので、挫折し続けていた英語のトレーニングとしてスタサプをやってみたところ、ものすごくできの良いアプリで、TOEICスコアが劇的にあがりました。

    お酒はほぼ毎日飲んでいたので、中毒でしたね。

    • hachi hachi より:

      との 様

      コメントいただきありがとうございます。
      分かります!お酒を飲むと、だらだらとお菓子を並べてウィスキーや日本酒に手を出して、ひたすら食べ続けるあの時間…今はお菓子を食べずハーブティーに変わりました(笑)

      TOEICのスコアが上がったのはすごいですね!私は寝る前は家族とトランプしたりする時間になっています。

タイトルとURLをコピーしました