居酒屋での5000円が無駄に感じる病

雑記
スポンサーリンク

昨日は久々に会社の方々と飲んでまいりました。と言っても仕事終わりに1.5時間程度ですが。

陽キャな方々ばかりなので、特に陰険な愚痴も出ず健全だったと思います。こそっと上役(部長級)も混じっていましたが、「平社員か!」というぐらい低姿勢で馴染んでいました。

こういう出世の仕方をしたいものだ。

さて、お会計なのですが純粋に割り勘して一人5000円です。深酒していないのでこんなもんですよね。

…5000円って高いな( ゚Д゚)

と思ってしまうようになってしまいました。昨年からお酒を止めて、最近は週末にワインを1~2杯飲むか、もう飲む意味がないなと思って飲まない日も増えてきました。

そうすると、大して美味くも無い大衆居酒屋で払う5000円が凄く高く感じるんですよね。

先日家族でホテルランチに行ってきましたが、空間も素晴らしく色々食べて3人で7000円です。

以前は私もぐびぐびと酒を飲んでいたので、家族の目を気にせずひたすら飲める大衆居酒屋もアリだったのですが、お酒をほとんど飲まなくなった今となっては無駄な出費に思えてしまいます。

もちろん仕事は付き合いも大事と思っている昭和スタイルの人間だし、私自身もそれで出世したようなもの(おい!)だし、これからも適宜参加しますが、楽しいと思えることは今後も無いかもしれない。

こうやってどんどん保守的というか、不感症になってくるんだろうな。

ちなみに本日は海外在住の10年来の友人が遊びに来るので、その方と飲んできます。これは完全プライベートなので楽しみです。

hachi
hachi

仕事関係の飲みを楽しめた日々は戻ってこないだろうな

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました