管理職の追加人件費がタダだと思われている

雑記
スポンサーリンク

最近出張続きの管理人です。出張になるとどうしても”懇親会”みたいなのがあり、出費が嵩みますね。ところで大人が夜に居酒屋で爆笑しているのに、なぜ子供は幼稚園でマスクをさせられているのでしょう。

なんだか理不尽な大人の都合に振り回される子供が可哀そうになってきたよ…。

それはいいとして、今度週末に仕事があるため休日出勤を致します。それはよくあることなので気にしていないのですが上層部から「今回の手伝いは管理職に限定する」と口頭で伝達がありました。

…何?今まで平社員もしょっちゅう行っていましたが、何なのよ。

気になるので仲のいい本社の人に聞いてみると、やはり予想通り年末に向けて経費を削らなければいけなくて、大量の休日出勤手当を出したくないのだそうです。

俺ら管理職は休日タダだもんな( ゚Д゚)

会社自体は好調で儲かっているはずなのに、なんでだろうと思うのですが、米国本社からグローバル全体の穴埋めとして上乗せされた計画に対してはギリギリのところらしいです。

なりふり構わず経費を削っているらしく、しばらくこういう流れだそうで。それにしても会議で管理職に休日出勤をお願いしようと決めた人、どんな感じで決定したんだろう。

「経費がピンチなので、使命感の強い管理職にお任せしよう」ならいいですが、「管理職はタダだからあいつらにやらせればいいんじゃね?」ぐらいの感覚な気がします。

しかも文書に残さず口頭で伝達してくるあたり、確信犯ですね。

弊社ホルダーの皆様、米本社の好調な株価の裏には、こういう細かな犠牲があるというわけです。

hachi
hachi

やっぱ株主にならなあかん

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. アンハッピー より:

    それはアメリカ本社にはなさそうな発想ですね。いえ全然わかりませんけど。

タイトルとURLをコピーしました