懸命に働き、少ない休みに高額な旅費を払う労働者達

雑記
スポンサーリンク

お盆休みも終盤を迎えています。私はと言えば、勤めている会社が外資なこともあって”お盆休み”というのは無いんですよね。だから暦通りに仕事をしております。今日は単なる土日です。

ただ多くの同僚は有休を使って先週の土曜日から休んでいるので、9連休の終盤ですね。あまり長く休むと月曜日が憂鬱になるのは身体が社畜体質に染まってしまったからでしょう。

私にとっては単なる土日なのですが、世間では人が大移動するUターンラッシュ真っただ中です。毎年思うのですが何とかならないものでしょうか…。

有休を余らせ、休みが取れず一番高い時期に旅行にいく労働者

GW、お盆、年末年始はどこに行っても人だらけ。そして何より旅行代金の高さときたら…通常の倍は取るでしょう。高すぎるし混雑もひどい。

労働者には有給休暇があるにもかかわらず、結局消化できずに全員が休む大型連休にしか旅行に行けないんですよね。

必死に頑張って働いて得たお金を、相当割高な金額で旅行に行って使うのは本当にもったいない気がするので、私はもう大型連休に旅行に行くことはやめて、ずらして有休を使い平日に行くことにしました。

ちなみに今年はお盆を休まなかった代わりに8月28日(水)~8月31日(土)で国内旅行に行ってきます。これだとお盆に行くより半額以下だし、何より滞在先での人の数が違うでしょう。

大多数と同じことをしたらお金が貯まらないという皮肉

周りがそうしているからマンションを買う、周りがそうしているから大型連休は高額な金額を払って旅行に行く、周りが持っているから車を買う、周りがしていないから投資はしない。日本には高度成長期から続く”みんなやっている普通の生活”が根付きすぎています。

しかし破竹の勢いで日本が成長していた時代と違い、今は子供が減り高齢者が増え、企業は株主還元には積極的になっても、労働者への賃金アップには慎重です。これからはいわゆる”みんなと同じ生活”をしていると生活は厳しくなっていきます。

みんなと少し違う生活を

家や車や保険などは色んな考え方があって当然ですが、とりあえず有休とろうよ(笑)うちの職場は取れない!って嘆くかもしれませんが、本当にそこまで取れないんでしょうか。多くは試してないでしょう。

大型連休に旅行に行けば30万円。勇気をもって有休を取得して平日に行けば12万円…考えたらバカバカしいよ!

その勇気、18万円の価値があります!そう考えたら…やっぱり有休取って旅行したほうがいいですよ。

妻の実家に帰省しながら、そんなことを考えているhachiでした。お盆には親元に帰省というのも慣習だね…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました