2020年初の配当金受領 VOO VYM

投資
スポンサーリンク

2020年初めの配当金を頂きました。

VOO $292

VYM $234.69

配当金はタコが自分の足を食うようなものと揶揄されたり、支払った分企業価値が損なわれているのだから意味が無いなど言われることもありますが、私はこの配当金が定期的に振り込まれるのが大好きです。

この2銘柄を保有していることで$500強ですよ。今月の残業代より確実に多くなる予定です。しかもそれが四半期に一度振り込まれる。

配当金は税金を引かれるし企業価値が損なわれるかもしれませんが、無配当の企業が必ずしも勢いよく右肩上がりで伸びていくとは限りません。

そう考えると、「年間3%程度の定期的な利益確定」だという解釈でもいいでしょう。最速最短で億万長者を目指すのであれば高配当株は適していませんが、私のように労働しながら資産を増やすと腹をくくっている人間にとってはありがたい仕組みです。

戦争回避で一旦様子見

年始から米国vsイランの衝突で冷や水を浴びせてくれましたが、このままイランとアメリカの大規模な戦争に繋がらなければありがたいです。落ちた株価はいずれ戻りますが、戦争で失われた命は戻りませんからね…。何も残らない。

市場もすぐさま反応して下落した分をたった一日で戻しています。いずれ下落が始まるとささやかれていますが、2020年はまだまだ強気相場が続く気がします。

いずれ来る下落に備えて買いそびれた人たちがたくさんいるでしょう。少々の下落だとその人たちの買いが入りすぐさま上昇しています。買いが一巡するまで上がるでしょう。

私は今のところ大きく買い増しはせず、今は減ってしまった現金を増やしていきます。

2020年はVYMを中心に購入予定

どうしても個別銘柄にロマンを感じてしまい、今までは資産の多くをPGやKO、MOなどの銘柄に投資してきましたが、やはり私のような投資家は下落時の精神的な安定感を考えると、VOOかVYMの比率が高い方がいいと感じます。

VOOはそれなりに仕込めましたがVYMはあまり多く持っていないので、今年はVYMを中心に買い増していく予定です。今年500万円分ぐらいVYMに投資することが出来たら、来年の配当金は安定するはずです。

こつこつ買い増ししていけるよう、今年も労働を頑張りながら焦らず投資していきます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました