利益より損の方が心理的ダメージが大きいことを体感する

投資
スポンサーリンク

GWも最終日。私は明日から仕事で、怒涛のようなメールと電話、急なZOOMミーティングが待ち受けていると覚悟しています。

hachi
hachi

なんで祝日が終わったら仕事が増えることになるのかしら

遊びで買ったZOOMがマイナス10万円の含み損

以前に100万円だけ”遊び枠”として購入したZOOMが冴えません。上がったり下がったりを繰り返し、気が付けば10万円、10%の含み損です。

hachi
hachi

・・・やっちまった

100万円の投資額だと、「損しても10万円ぐらいかなー」と気軽に買いましたが、見事にその10万円がマイナスです。

ただトータルの含み益が相当積み重なっており、正直なところ資産におけるマイナス10万円なんて”誤差の範囲”なんです。

でもね・・・嫌なんだよ。「10万円も損した」という事実がストレスになる。

逆に10万円の利益が出ていたからって、「そのお金でパーっと遊びに行こう!」という気持ちになるかというと、恐らくなら無いでしょう。

「リスクを取って投資しても、10万円の含み益なんか誤差だな…」で終わりそうです。

損切りできないなら遊びで買っちゃいかん

私のような機敏に動けない人間は、遊びで投資をしたらダメだということですね。

気持ちを切り替えて、10万円の含み損を処理して、「トータルでプラスだからOK♪」とすぐに軌道修正できないのであれば、大人しくETFを買っておくのが吉ですね。

hachi
hachi

たった10万円の含み損がストレスになるってよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました