田舎町の一軒家とかどうですかね

雑記
スポンサーリンク

最近妻と今後の人生について良く話しています。仕事がきついからということもありますが、今まで会社に従って転勤を繰り返し、5歳の長男は短期間で5回の引っ越しを経験しています。

hachi
hachi

さすがにやりすぎだろうよ

今までは転勤もイベント感覚で楽しんでいましたが、さすがに子供が5歳になると考え始めますね。日本全国どこでも飛ばしてくださいと会社には言っていましたが、そろそろ…きついな。

こうやって多くの転勤族は、単身赴任を選んでいくのだろうなと感じ始めました。

そして出てくるのは、「じゃあ今後の人生どこに住むの?」ということです。私は仕事を始めてからずっと会社に住む場所を任せていたので、真剣に考えてきませんでした。

妻も出産を機に仕事を辞めてから、私の転勤に合わせてついてきてくれています。

私も妻も関西出身なので、普通は関西に拠点を…ということになるのですが、関西と言っても広いからね。

今までは投資家として「買うとしたら資産価値の高いところを!」と思っていましたが、そこまで資産価値にこだわらなくても、家族が住みつぶすつもりで買ってもいいかなと思い始めています。

調べていると、妻の実家がある滋賀県とかで、大津とかではない限り、2500万円ぐらいあればそれなりの一軒家が建ちますね。

hachi
hachi

2500万円ぐらいなら、別に資産価値が無いと言われてもいいかな。

買うとしたら「一等地のマンションで値下がりしないところ!」と思っていましたが、随分な心境の変化ですね。

問題はその田舎町に職があるか…ですけど。あと子供の環境ね。

別に大都会の進学校とか目指してほしいわけでは無いけど、生まれてからこんな頻度で引っ越しさせてきたのに、家を建てるからってもう一回引っ越させるの?

でも今住んでいるマンションは、会社名義だから長期的に見たらいずれ退去しないといけない物件だからな…。

今までこういうこと何も考えずに来ましたが、転勤族の終の棲家ってどう決着つけたらいいんでしょうね。

hachi
hachi

滋賀県のそこそこの街で、暖炉のある小さい家を建てようと妻と話し始めています

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. 匿名 より:

    2500万で土地建物両方賄えるのですか?
    注文住宅で建てられるようなこと仰ってたので、それだともう少しかかりそうな気がします。

    • hachi hachi より:

      〇〇万円~~という表記なので、実際はもっとかかるのかもしれませんね。3500万円ぐらいかな…なかなかのボディーブローです。

タイトルとURLをコピーしました