雇われるしかお金を稼ぐ方法を知らない労働者の辛さ

雑記
スポンサーリンク

仕事に追われている管理人です。分からないことが溜まって来て、ちょっとオーバー気味です。

hachi
hachi

成長成長うっせーよ( ゚Д゚)

連日朝から晩まで会議が続き、隙間時間と土日(←ここがメイン)で作業を進めているのですが、さすがに馬鹿馬鹿しくなってきましたね。

何でここまで会社に人生捧げなくては行けないんだ?と。

周りを見渡してもみんな遅くまで仕事をしています。私だけではないので、結局皆さん日々増え続ける業務を断れず、身を粉にして働いているのでしょう。

本当に楽しい!と思えている人が一体どれだけいるのだろうか。

みんな「プライベートが無い」と悲壮感を漂わせていますが(私も)、それが当たり前になりすぎて麻痺してきていますね。

結局私たち労働者は、雇われる他にお金を得る方法を知らないので、会社が人権を削っていけば徐々に徐々に、そして確実に仕事量を増やされるわけです。

そして嫌なら辞めたら?ということになるのですが、そんな簡単に転職できるものでもないでしょう。私も一度だけ経験していますが、それなりの労力が要りますし、新しい会社のルールを覚えるのにまた時間がかかります。

だったら何とか今のまま…と思って、みんな夜遅くまで仕事せざるを得ないんですね。

私のように会社を出たら特殊スキルも無い場合、次の会社での待遇も約束されているわけでは無いですからね。

役職がついてしまっているからこのキツさなのだったら、降格を願おうかと最近思い始めています。

もう十分資産はあるし、そもそも平社員でも1000万円はほぼ保障されてるから、収入は大差ないんですよ。

え?今のこの忙しさって、額面年収200万円ぐらいの違いしか無いの?

絶対平社員の方がコスパいいよ…。

もちろんもっと上を目指す人は、ここから年収2000万円コースを目指すのでしょうが、今の上司を見ていて私がそこに行きつく器ではないことはよく分かります。レベルが違い過ぎる。

このまま行くと確実に身体壊すな…と思いつつ、毎日必死に働いています。

hachi
hachi

先日実施した社内の心身健康チェックは完全に真っ黒でした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. 匿名 より:

    年収2000万になっても手取りはそんなに増えないですしね。
    だったら1000万に減ってもご自分の時間が増える方がいいですね。
    …と頭で分かっていても、いざ降格となると、それが自分が申し出たものであっても抵抗感を覚えるのが人間です。
    hachiさん期待されてそうだし、無意識にそれに応えるのを優先しそう。
    ところで夫も激務ですが20年前と違って有給こなせとか夏休み取れとか言ってきます。(3月にやっと夏休み取れました笑)
    hachiさんは少しはそういったまとまった休みは取れそうもないのでしょうか?
    くれぐれもお体大切になさってください。

    • hachi hachi より:

      コメントいただきありがとうございます。
      休みは今後二年はとれなさそうな環境です。
      上手く降格できるのであればもういいかなと思い始めているのですが、なかなかうまく着地というのが難しいんですよね。
      普通に降格であればいいのですが、私のような立場で願い出ると制裁のために僻地行きが予想されるので、どうしようかなと。

タイトルとURLをコピーしました