ユーチューバーとプロ野球選手の違いって?

お金
スポンサーリンク

ソニー生命保険「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」将来なりたい職業(中学生)※ソニー生命保険調べ

中学生のあこがれの職業にYouTuberがランクインしてきました。私が子供の頃は警察官とかパイロットが多かったような気がするのですが、時代の流れですね。

さて、男女中学生ともに憧れるYouTuberですが、親からの評判は最悪です(笑)なってほしくない職業に堂々の1位でランクインしています。

【質問】30歳以上の親世代が子どもに将来なってほしくない職業
1位 YouTuber…59%
2位 営業マン…11%
3位 ゲームクリエイター…8%
4位 スポーツ選手…7%
5位 公務員…7%

※ソニー生命保険調べ

ぶっちぎってYouTuberなので、本気で嫌みたいですね(笑)理由としては、安定していないからとか、PCばかり向いて仕事して欲しくないからとかだそうです。「

お父さん!僕は世界で活躍するYouTuberを目指すんだ!」と目を輝かして訴えても、平手打ちが返ってきそうですね。

ちなみに私の子供がYouTuberになる言ったらどうするか?という話を妻としました。私の答えは下記です。

YouTubeのコンテンツを配信して利益を得て、それで生計を立てられるようになって初めてYouTuberなわけで、そんな状況になったなら親の許可など求めず好きにしなさい。

自分でコンテンツを作り、自分で配信して収入を得て生計を立てられているのであれば、親に許可を求める必要などありません。私は本気でそう思っているのですが、妻は大反対でした(笑)上記の一般的な親と同じ理由で反対しているのでしょう。

人が求めるものを作り出し、利益を得るという本質は変わらない

YouTuberとプロ野球選手の違いってなんかあるの?と聞いたら、多くの人は「はっ?何言ってんの?必死に頑張って練習を重ねて頂点まで辿り着いたプロ野球選手とぽっと出のYouTuberが同じわけないでしょ」と言い出しそうですね。

しかし、YouTuberだってそれで生計をたてられている人は本当に一握りです。大金を得ている人なんて数えるほどしかいません。ものすごい倍率です。彼らを見ていると努力と才能を感じざるを得ません。

プロ野球選手、タレントの収入源

新しく出てきたワードだからと言って嫌悪感を示さず、本質を見ましょうよ。プロ野球選手の収入減はどこですか?野球を見たいと言って球場に足を運ぶ人のチケット代、スター選手、人気チームに乗っかる広告収入でしょう。

スター選手への憧れ、ホームランを見てスカっとしたい、純粋に野球というゲームが好き、色んな理由があれど、ファンはみんなプロ野球というコンテンツが生み出すエンターテインメントにお金を払っているんです。そして人が集まるところに広告ありです。企業が大金を払って広告を出し、大衆に物を宣伝するのです。

YouTuberも同じです。何かしらのパフォーマンスをして、それをエンターテインメントとして楽しむ人がいるから大勢の人が視聴するわけです。そして同じく人が集まるところには広告も集まります。構造は一緒なんですよ。

YouTuberは努力していない?

そんなわけないだろ(笑)トップに君臨しているYouTuberの方々は皆さんめちゃくちゃ努力していますよ。だから並の人間が目指したって同じように稼げるわけじゃない。プロ野球選手と同じく、努力、才能、時代の流れ、運など、様々なものを備えて初めてYouTuberとして大金を得られるようになるのです。

安定していないのはプロ野球選手も一緒でしょう。スポーツだって故障というリスクが常についてまわります。

さいごに

新しいものはイメージだけで拒絶される傾向があります。それはそれで仕方が無いのですが、本質を考えたときに、YouTuberとプロ野球の違いは戦っているゲームのルールが違うだけで、収入を得る手段としては何も変わりません。

プロ野球に限らず、人々が欲しているものを提供すると、そこに利益が生まれるという金稼ぎの大原則にあてはめれば、YouTuberも他の職業と何ら変わりはありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました