報道ステーションの偏向報道に嫌気がさす

雑記
スポンサーリンク

11日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)でメインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)が、10日に同番組内で放送された自民党・世耕弘成参院幹事長の会見のVTR編集について謝罪した。

 富川アナは番組の途中で「ここでお詫びがございます」と話し、「昨日、桜を見る会ニュースの中で、VTRの最後に自民党の世耕参議院幹事長が『よいお年を』などと発言した様子をお伝えしました。これは定例記者会見が終わった後の世耕氏の発言で今後の会見予定について述べたものでした。桜を見る会とは直接関係のない発言で、放送ではその説明が丁寧ではありませんでした。誤解を招く表現につきまして世耕氏、視聴者の皆様にお詫び致します」と頭を下げて謝罪した。

 10日の放送では「桜を見る会」の問題を取り上げ、世耕氏が「説明できる範囲はしっかり説明をした」と述べた後に「もうよいお年をというか」と語る様子が放送された

 世耕参院幹事長は10日の番組終了後に「今夜の報道ステーションの切り取りは酷い。私は定例記者会見が終わった後、今日の会見が今年最後になるかもしれないという意味で『良いお年を』と言っただけなのに、それを桜を見る会をと絡めて、問題を年越しさせようとしているかのように編集している。印象操作とはこのことだ」とツイート。

※スポーツ報知より引用

昔から報道ステーションはとにもかくにも「政権批判が前提」で好きではありませんが、もはや悪意に満ちていますね。桜の会の善悪は置いといて、あまりにも酷い。

事実だけを客観的に報じて主観を全く挟まないことは不可能だとは思います。そして各種ニュース番組に特色があり、意見を物申すのもいいと思います(それにしてもあまりにも公平さに欠ける番組だとは思いますが)。

しかし、違うタイミングで発言したVTRをつなぎ合わせて、一つのストーリーを作成するなんぞ「捏造」以外の何物でもない。こんなのゴシップ週刊誌レベルのやり方でしょう。

アナウンサーもコメントとして、「よいお年をというか、疑惑は晴れてないんですよね」などとあたかも世耕氏が質問攻めにあっているにもかかわらず「よいお年を」と強制終了したような印象を与えています。

VTRのつなぎ合わせが許されるなら何でも作れる

こんなことが許されるのだったら、とある政治家の今まで発言したすべての「会話」をつなぎ合わせて、「センソウ、バンザーイ、ワガクニノタメニ、シボウスルコトモ、アリエル」とか、なんだってできるでしょう。

政治家(主に自民党)の「うっかり発言」に関してはこれ見よがしに「失言だ!普段からそういう思想だからとっさに出たんだろう!」と、鬼の首を取ったように報道するくせに、自分たちは「つなぎ合わせで捏造」ですか。

政治家の「うっかり発言」は、なんにせようっかりです。ちょっとノリで言ってしまった、タイミングが悪かったなど、まだ釈明の余地はあるでしょう(何でそんなこと言うのかな…というため息がでるようなこともありますが)

しかし今回の報道ステーションのやり方は「うっかり」ではなく、時間と手間をかけて「わざわざ捏造している」からたちが悪い。

「誤解を与える表現について謝罪します」ではなく、作成者がどのような意図をもって実施したのか説明して欲しいものです。

個人レベルでSNS発信ができる時代

今回の世耕氏もご自身のツイッターで訴え今回の捏造が発覚しました。もはや反日メディアが必死になって「捏造」しても、個人の発信が十分に力を持つ時代です。昔のように「自分たちが情報の発信源」だと思っていても、そうはいかない。

 

hachi
hachi

もうね、映像を捏造するニュース番組なんか見なくていいでしょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました