この年齢で家を持っていないのは私だけでした

雑記
スポンサーリンク

ただの個人的な悩みですみません。株ですか?特に何もしていません。ざわついていますが追加購入するほどではないので様子見です。

最近家の事ばかり考えています。いや、そんなに欲しいというわけではなく、単に気になると調べたくなる性格なので会社の周りの人にも色々と聞いています。

hachi
hachi

仕事しろ

賃貸は私だけ

「hachi君にどうしたの急に。もしかしてようやく家を買う気になった?」と周りからは笑われますが、やっぱり皆さん持ってるんですね。

営業所の同年代の人や、同僚の所長さん(年上)と雑談レベルで家をどうしているか聞いてみました。

みんな持ってるがな( ゚Д゚)

賃貸は私だけでした(笑)

東北の所長さんは100%単身赴任で、平社員の方も転勤の方は単身赴任、地元の方は家を持たれています。

なんで?こんなに転勤多いし会社が家賃出してくれるのに、みんなとっくに家を買ってるなんて。家族で東北に来て賃貸に住むという発想は無かったのか。

hachi
hachi

まあ、敷居高いわな。私の妻みたいに次の勤務地は東北です!と告げたら”爆笑”してついてきてくれる人の方が珍しいのかもしれない

たださすがに子供が小学生に上がるとそれも難しいかもしれませんね。次の転勤は子供のために少し考えたいと妻も行っています。

もし家を買うとしたらそのタイミングかな…。

関西の両両親への説明

私が転勤族なので、今は仕方ないと諦めていますが、両方の両親ともいずれは私たちが”関西に帰る”と思っております。

hachi
hachi

ここだけの話…全くその気はないんだ。興味が無いんだよ。妻とは次に転勤になるなら九州とかいいよねと言ってますので。

私の両親は寂しがるでしょうし、妻の両親は代々受け継いできた田舎の土地とお墓を私に管理して欲しいと願って(と言うか結婚時の条件として)いるので、一方的に「こちらで家を買いました」なんて言うと、恐らく激怒されるでしょう。

私たちの人生なのでこちらの家族で決めたいことなのですが、いくつか越えなければいけないハードルがありそうです。色々と援助してもらっているのでないがしろにするわけにも行きませんし。

私にとっては小さいことでも、彼らにとっては人生をかけて守り抜くものが土地とお墓なわけで、ここの感覚のずれは相当なものだと思います。

でも今この街を気に入ってるんだよなー。2回目の冬を超えて、まだ気持ちが変わらなければ本物でしょう。

hachi
hachi

そろそろ40歳が近くなり、今まで見たいに好き勝手やっていればいい時期は終わったということですね

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました