JTの増配がストップ

投資
スポンサーリンク

日本の高配当株で連続増配銘柄のJT(日本たばこ産業)が、増配をストップする予想を発表しました。私もホルダーなので残念です。

 JT(日本たばこ産業)が、2020年12月期の配当が前期比で「横ばい」となる予想を、2020年2月6日の15時に発表した。これにより、JTの連続増配記録は”16期”でストップする見通しとなった。

日本企業の中では頑張って増配している方でしたが、やはり米国企業の連続増配銘柄のように、「何が何でも、人を切ってでも増配」というわけにはいかないようです。

hachi
hachi

この辺りが日本企業に投資することをどうしようかと考えさせられるところですよね

 

不調のタバコ銘柄たち

私のポートフォリオの中で圧倒的なマイナスを叩き出してくれているのが、JT、MOのタバコ銘柄です。二つ合わせて150万円以上の含み損を記録してくれているのだから、「配当金て何?」と考えさせられます。

「下がれば買い増すだけです」、「下がったら絶好の買い場です」なんて書いている人いるけど、マイナスになることを喜ぶのは違うと思うぞ(笑)

自身が保有していなくて、「今から買おうと思っていたら下がった♪」なら喜んでいいけど、保有しているのだから「高配当銘柄だから下がってもOK」は負け惜しみだ。

hachi
hachi

配当金を貰いつつ、含み益も増えることが理想だろう

下がったら買い増しも口で言うほど簡単ではない

少々の下落で「下がったら買い増し♪」なんて言うのは簡単だが、実際アルトリアのように何年も下がり続けると、「どこまで下がるのか…?」、「今買ってもまた下がるんじゃないか…」と不安が多くなってきて、思い切って買い増しすることはなかなかできません。

そして私のように昨年大きく買い増しした(200万円程)ものの、その後も更に下がって傷口が広がるパターンもあり得ます。

hachi
hachi

少なくともここ数年MOに投資した人は程度の差こそあれみんな報われていない

そしてJTのように「期待していた増配」もストップするかもしれない。高配当だから下がり続けても買い増しをするって、実際に下がり続ける銘柄に対して実行するのは難しい。

売るつもりは全く無いけど、私はもうタバコ株を買い増しする気にはなれません。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

  1. 黒田順之介 より:

    私もJT持ってます。
    今後、日本株は米国株の損益通算に使うのみです。
    買い増しも一切しないし減る一方でゼロに成ったら日本に投資する事は有りません。ww
    だってオワコンだし。大体の企業で社長がリーマンってのがね・・覇気が感じられないわ。
    派閥内で出世するスキルしか無いんだろ?ってね。経営者じゃ無いわ。

    • hachi hachi より:

      黒田順之介 様

      コメントありがとうございます。JTお持ちでしたか。確かに株主に何が何でも利益をもたらそうという覇気はありませんね。
      一定額を日本株に投資したままですが、正直無駄だったなと感じ始めています。

  2. うさみみ より:

    hachi様、ブログ的に言うと【悲報】ですね。私も保有しておりますが、配当の件、ちゃんと見ていませんでした。ダメですね。
    優待のパックご飯と配当目当てで持ち続けるつもりです。ESG投資が注目され、あまり上がる要素はないタバコ銘柄ですね…。
    年間の損益がほぼ固まる年末に、配当にかかる税金を節税・相殺する為に、含み損の株を適当な分、売却するという手もありますね。損出し。

    • hachi hachi より:

      うさみみ 様

      コメントいただきありがとうございます。
      【悲報】とかいうスタイルは流行りなのでしょうか(笑)

      優待パックご飯は防災用に保有しているのでありがたいのですが、投資の本質ではないですよね。
      タバコ株はあまり報われておりませんが、こういう時こと買い増しできる人が将来的に…笑える…のでしょうか。
      私は現状維持で行きます。

タイトルとURLをコピーしました