在宅勤務に伴う光熱費は経費で落とせるのか

仕事
スポンサーリンク

コロナウイルスの影響で自宅待機が続き、食費と光熱費以外全くお金を使わなくなっております。

 

hachi
hachi

まあ、もともとあんまり使わないんだけどね。

今月の光熱費は過去最高になるのではないか?朝晩は寒いから暖房入れているし、PCも使っているし、夜はPCとテレビを繋げてアマゾンプライムを見ている。

営業手当と残業代が無く、実収入が減っているから精神的には弱気になっています(笑)

在宅勤務時の光熱費は会社負担か自己負担か

前日の電話会議で、会社の同僚の若い女の子が、「在宅勤務令にて発生している光熱費は、会社経費じゃないんですか!」と半分冗談半分本気で訴えたところ、確かにその通りだと言うことで、上司が経理に確認してくれました。

hachi
hachi

いい上司だよ(笑)

結論は、コロナウイルスの影響関係なく会社はテレワークを推奨し始めており、その時に出来た規定で「テレワーク実施に伴う諸経費は社員負担とする」と明記されているらしいです。

先手を打たれていました(笑)

私もちょっとだけ、少なくとも会社命令で電話会議をしている時間の光熱費は会社負担だろう…と感じていたのですが、甘かったようです。

本社はコロナウイルス以前より、在宅勤務を推奨している

東京の本社では通勤時間の苦痛を和らげるために、週に1~2日、スカイプを常にオンラインにするなどの条件付きでテレワークを認めているようです。

会社としては働き方改革の一環として、社員に対するサービスのつもりでやっている制度です。

だからそれを希望する場合、「光熱費とか通信費は自分で払えよ」ということになるそうです。

あと、さぼらないように勤務開始時、昼休み取得時、勤務終了時の通知、適宜仕事の結果をオンラインで上司に報告など、逆に窮屈になりそうな感じでもあります。

hachi
hachi

それでもあの満員電車を避けられるなら選ぶ人も多いかもね

ただ上記の規定は、「社員が希望してテレワークをする」場合だから、今回のように「会社指示でテレワーク」をしている場合とは違う気もするけどな。

hachi
hachi

雑談の電話会議で、本格的に弁護士を立てて戦えば勝てるのではないかという結論に至りました。詳しい人いたら教えてください

この状況でも基本給を満額支払う会社に感謝しかない

みんな暇なのでこんなくだらないことで盛り上がっておりますが、実際不満があるかというと、誰も無いです。

だってほとんど仕事をしていないのに、満額基本給が保障されているんですよ。今月の実質的な勤務時間なんて、30時間ぐらいですよ。

それもただ聞いているだけの電話会議の時間も含んでいる。

営業手当と残業代は入りませんが、それは会社が意図的に減らしているのではなく、勤務していないから出せないだけです。

今でも得意先からの要望でやむを得ず外勤した場合、日割りで営業手当は支給されます

hachi
hachi

労働者人生を続けるのであれば、今の会社に居続けたいと心底思うよ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました