改めて〇〇ショックは買いだと感じる

投資
スポンサーリンク

年始から一度もオフィスに出勤していない管理人です。正確には先日の連休中に書類整理のため自主的にオフィスに行きましたが、公式にはまだ出勤していません。

本日明日も終日会議のため、自宅からの参戦です。何という時代になったものだ。

しかし、朝起きて早朝の散歩を終えたらそのままずっと家にいて、昨日はひたすら会議で昼ご飯も食べれず夜になってしまい、晩御飯を食べてすぐ寝る!みたいな生活。あまりにも不健全だな…。

華麗に復活するダウ平均

昨年の2月後半からの下落、きつかったですよね。早々に撤退できた方は楽しくて仕方がなかったでしょうが、私はもろに被弾しているので市場平均と同じように資産が減りました。

そして改めてダウの2年チャートを見ていると、ため息が出るほど順調に回復していますね。

hachi
hachi

もうね、2020年は絶好の買い場ですね。投資した人みんな儲かっています。私以外( ;∀;)

年始からも地味ではありますが上がっており、おかげさまで私の資産も最高値を更新中です。上がり方は地味なんですが、投資している金額がそれなりに増えてきたため一日で月給レベルで資産が増えることも多いです。

今回の暴落は今までと違うと言われたら買い時

昨年のコロナショック時、「人類の危機、民主主義の崩壊、今までの常識が通用しない、ITバブルとは意味合いが違う、未知のウィルスで世界が崩壊」など、これでもかと言う程今までと違う脅威の言葉が溢れていました。

実際人々の生活は大きく変わったし、私がこうやって家にこもりっきりなのもその一つでしょう。コロナが無ければ少なくとも会社で内勤してなくてはいけませんでしたから。

次の「今までと違う」暴落が来た場合、米国のみに投資し続けることが正解かどうかは分かりませんが、間違いなく買い場なんでしょう。

今回も過去のリーマンショックを経験した人などは上手く対応できたのではないでしょうか。私のようにチャートでしか〇〇ショックを見たことない人間は動けませんでしたね。

経験せず過去のチャートを見て、「ここが買い場なんだよな」と思っていても、実際に渦中にいるとそう簡単には行かないものです。

次の暴落はいつ来るのか

次の暴落時には勇気をもって攻めていきます。ただ問題はね、この「今までと違う」と言うとんでもない暴落が次はいつ来るかと言うことですよね。

今はまだみんな昨年の暴落を覚えていて、もし今から下落が始まってもそれはもう未知の脅威ではないですよね。上手く対処できるかどうかは別として。

あの得体のしれない「人類への脅威」みたいな恐怖感、そう簡単には訪れないでしょう。訪れてほしくもないけど。

今まで信じていたものが崩壊していくような感覚、少なくとももうコロナウィルスが原因では起こらないでしょうね。

そう考えると、次の「〇〇ショック」は10年とか先になるかもね…。なかなかうまく行きませんわ。

hachi
hachi

10年に1度の波に乗れず、13万ドルも手元に残して最高値更新を見守っている残念な投資家の嘆きでした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

  1. ヒロヒロ より:

    こんにちは

    僕は、5000万円ぐらいを投資用にしているのですが、そのうち1500万円ぐらいキャッシュに戻しています^_^ 同じです!なんだかハチさんとはいつも行動パターンが似ています^_^

    • hachi hachi より:

      ヒロヒロ様

      コメントいただきありがとうございます。
      大きなお金を動かすのは難しいですね。しかし私と同じ行動パターンだと利益が出ませんよ(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました