貧困への実感がない

雑記
スポンサーリンク

格差社会、若者の貧困など、ニュースでは色々と見るのですが実感がありません。

私は不登校に陥りましたが、家自体は裕福でした。ひたすらフラフラした後に入社した会社は、大企業ではありませんでしたがそこまで給料は低く無かったです。

その後は転職して、今は名の通った大企業に勤めています。1000万円プレイヤーなんかそこら中にいるし、私も上司から「もうちょっと年収上げてやりたいな…」と同情される始末です。

でも多くの方は家賃払って食費と携帯代を支払ったらカツカツなんですよね。非正規社員が増えていて、這い上がれない社会なんですよね。子供も何人かに一人は貧困なんですよね。

否定しているわけでは無く、子供の頃からお金に苦労をせず、現在も周りにそういう人がいないから実感が無いんですよ。

元々でも引きこもり体質なのに、わざわざお金に困っている人と付き合いの輪を広げることは無いですから、今後もすれ違うだけで実感は無いままだろうな。

政治家も公務員も報道するテレビ局も(ここ一番高給)、”実感”はないんじゃないかな。「庶民目線で」といったところで、自分もその周りもそれなりにお金持ちのはずだから。

今後どんどん二極化していくんだろうか。それでも何となく、まだまだ日本の貧困はそこまで酷いものじゃないように思えるのは、私が甘い人生を歩んできたからだろうな。

hachi
hachi

両親に感謝

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました