ルールに沿って会社に経費を請求することがセコイという意味が分からない

雑記
スポンサーリンク

サラリーマンをやっていると理不尽なこととか税金から逃れられないとか、色々ありますが守られている部分も多いです。特に弊社は待遇もいいですし、働いていてありがたいと感じることが多々あります。

出張時の食事代とか、自己研鑽用の書籍とか、結構経費で落とせるものが多いのですよ。あとノートとか文房具も、もちろんレシートを添付したら経費で落とせます。業務で使うものだから当然でしょう。

部下にそれを伝えると、「えっ!?知りませんでしたっ!」という人が大半です。

入社時の研修で教わっただろう…。

「とりあえず落とせるものは落とせよ。ルールに沿っていれば全く問題ない」と伝えたところ、「でも、セコイと思われませんかね…」と返答が来ました。

おもわねーよ( ゚Д゚)

「むしろ業務で使うものを社員に自腹で払わせている会社の方がセコイだろ」と一蹴しておきました。

まあ、自己研鑽用の書籍は業務なのかどうなのかはちょっと分かりませんが…それは福利厚生ということで。

精算処理が面倒でやらないというなら勝手にしたらいいですが、遠慮する必要は全くありません。

これも節税や各種補助金と同じで、会社が教えてくれるのは入社時だけで後はイントラにひっそりとルールが載っているだけで、自分が知識を持って申請しないと貰えないんですよね。リマインドなんてしてくれないですし。

それなりに給料貰っているとはいえ、みんな実際の手取りは月30万円とかでやってるんだから、1000円でも2000円でも、経費で落とせるものは落とそうよ。

hachi
hachi

と言いつつ、私も上司の顔色は時々伺いますけどね…。でも私の部下の分はフリーパスです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました