最速最短で資産を増やそうなんて欲張りだ

投資
スポンサーリンク

投資をするからにはリターンを期待するのは当たり前です。誰も損したくて投資するわけがないし、含み損ばかりでも「長期投資だから気にしない」なんてきれいごとです。気になるに決まっています(笑)

自身が抱えている含み損や、他人の方が儲かっていることが気になるのは仕方が無いにしても、それに流されて売買を重ねるのは賢明とは言えません。他人のポートフォリオに対してあれこれ言う人だって、将来的にどうなるかなんてわかったもんじゃない。

あまり欲張らず、資産は徐々に増えていったらいいと腹をくくれば、少なくとも他人のことはどうでもよくなりますよ。

一般人は最速最短を狙うな

投資歴が長い人、市場分析が得意な人、天性の博才のようなものを持ち合わせ、市場の混乱に乗じて大きく利益を上げられる人等、市場には猛者達が蠢いており、常に利益を狙っています。そんななか、普通の人が”最速最短”で資産を増やそうなんて考えない方がいい。

投資関連のブログやネットの情報を見続けていると、どんな相場であれ大きく利益を出している人は山ほどいます。そして自分の証券口座と見比べて、やっぱり自分が投資している銘柄は間違いだったかもしれない…と不安になり、ついつい流されて売買してしまうものです。

 

hachi
hachi

これがよくない。あなたは猛者達よりも優れた投資家ですか?

普通のサラリーマン投資家にとって一番の敵は、欲です。欲張らなければいいんです。ネット上、ブログなどでも、名前も顔も知らない赤の他人同士が自身のポートフォリオをさらけ出し、他者のポートフォリオをバカにする。

他人が保有している銘柄なんかいちいち気にしなくても、米国市場は確実に成長しています。米国の優良企業と言われている連続増配企業銘柄に投資していれば、市場平均や一部のグロース株の波には乗れないかもしれないけど、今後も安定して株主(あなた)に利益還元し続けてくれます。それで十分じゃないですか。

いや、そもそも市場平均が個別銘柄よりリスクが少なく安定して成長しているのであればS&P500 ETFのみで運用すればいい。そしたら他人が保有している個別銘柄と自分のそれを見比べて、落ち込んだりダサいとか思わなくていいでしょう。

最速最短で儲けたい!なんて欲張らなければ、確実にリターンは得られます。私は年間3~4%の利益で御の字だと考えています。この水準を簡単に表すと、配当が年間3~4%貰え、株価は据え置きでもいいというレベルです。米国市場のポテンシャルを考えれば全く問題ない数字でしょう。

サラリーマン投資家は焦らず着実に資産を増やしていこう

我々一般サラリーマン投資家には安定した給料という武器があります。他者の保有銘柄批判なんかしなくても、働いて節約して余ったお金を米国優良企業かS&P500 ETFに投資し続ける。必要なのはたったこれだけのことです。

自身のポートフォリオと他社のものを見比べ、あいつより俺の方が儲かっているから俺の方が上だ!とか凡人は考えない方がいいです。そういうのを気にしなくてはいけない人は、ファンドマネジャーとか儲けていることを見せ続けなければいけないプロブロガーとかそんな人でしょう。

私は株式投資でとてつもない利益を上げられているわけではありませんが、今の資産の増え方に十分満足しています。

他人と成績を競ったり、人の保有銘柄をバカにするとか、そんなことは必要ないでしょう。私のような一般サラリーマン投資家が、安心してコツコツと自分が応援したい企業の株を買う。本来株式投資の目指すべき姿はこういうことなんじゃないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました