ダウ20000ドル割れ。管理人の資産も急降下

投資
スポンサーリンク

本日も安定のサーキットブレーカー発動です。割るか持ち耐えるかと思っておりましたが、あっさりとダウが2万ドルを割ってしまいました。

「今日もサーキットブレーカー発動したんだってね」

「そうそう。新興国並に動くからね。平常運転だよ」

hachi
hachi

もうね、いい加減にしろ(笑)

おかげさまで管理人の資産も数年前まで巻き戻されました。そして、とうとう、若干ではございますが、「累計配当金を加味してもトータルリターンがマイナスに突入」です。

これがどういう意味を持つか。

投資をせずに貯金していたらよかった

これが現実となりました。今まで投資しろ投資しろと言ってきてごめんなさい。投資しなくてよかったんです。貯金していたらよかったんです。

hachi
hachi

ちゃんと売り抜けられた人は別です。その方々は多くの利益を得たでしょう

 

スポンサーリンク

唯一ダメージが少ないP&G

救いなのが、私が主力として保有しているP&Gは、他のディフェンシブ銘柄と比較しても相当ダメージが少ないです。未だに大きく含み益を保っています。

コロナウィルスの影響で人が出歩かなくても、P&Gの製品はあまり関係なく使われるということでしょうか。

その他の銘柄はほぼ壊滅ですが(*’▽’)

 

スポンサーリンク

原油価格の崩壊

先ほど原油価格先物をチェックしたら、もはや歴史的低水準まで来ていますね。分足で見ると一瞬20ドル付近まで落ち込んでいます。

hachi
hachi

このまま無料になりますか?

これね、XOMを信じてナンピンされている方、無限ループに陥りますよ。このオイルメジャーが倒産することは無いかもしれませんが、復活するのに一体何年かかるか。それを信じて待つことが本当に正しい投資なのでしょうか…。

いや、私も少額(数百万円)ながら投資している銘柄なので、他人事ではないのですよ。

スポンサーリンク

まずは生き残れ!

強気な米国市場に乗っかってレバレッジをかけていた人はかなり危険でしたでしょうが、現物投資であれば死にはしません。数年前の水準に戻りはしましたが、米国が崩壊することもありません。

hachi
hachi

米国が崩壊する前に間違いなく日本が崩壊する

ここ最近の好調な市場で得た利益が全部消え去っただけだと考え、また一から始めましょう。3月頭に損切りし、現金を確保できた方はもはや笑いが止まらないでしょう。そういう方は今からその多額の現金を投入できるわけで、引き続き多くの利益を得ることが確定しているようなものです。

hachi
hachi

尊敬しかありません。

それ以外の多額の含み損を抱えて震えているみんな、とにかく逃げろ!いや違う、生きろ!生き残るんだ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

  1. うさみみ より:

    hachi様、>尊敬しかありません。。。いやいや〜、そのように売り抜けられた方はそう多くはおられないと思います〜。きっと。多分、かな…。
    投資歴が長い人も短い人もウキウキだったと思うし。
    (以下陰口ですw)
    なんかぁスタンスは変わりません!と泰然としているより、素直にヒャーッと言っている方が人間らしくて好きです。
    全く原油20$とは。何年か前、25$は覚えていますが。
    ダウは取引時間中、19,000$を一時割り込んだそうなので、明日以後も、その方向かなと想像。以前こういう相場の時に聞いた、専門家の見立てを思い出しました。

    • hachi hachi より:

      うさみみ 様

      コメントいただきありがとうございます。初期の段階で売り抜けられた方は少ないでしょうね。
      だから短期で利益を出せる人は限られたセンスの持ち主なのでしょう。悔しいですが私には無理でした。そしてこれからも無理でしょう。

      「こんな時こそチャンスです!♪」って書いてる人も、内心は憂鬱だと思いますよ(笑)
      振り返ればチャンスなのかもしれないけど、現金が大量に余ってない限り、「下落が嬉しい」なんて矛盾があるわけがない。

タイトルとURLをコピーしました