プ〇サンスのマンション営業がすごい

雑記
スポンサーリンク

1月26日日曜日夕方、労働者の休暇の終わりを惜しみながら家族団欒のひと時を過ごしているとインターホンのチャイムが鳴る。我が家はネット注文が多いので(特に妻)、ヤマトさんかと思いましたがスーツ姿の若者が映っている。

宗教か何かと思いインターホン越しに出てみると、「プ〇サンスコーポレーションのものでございます。今近隣で新築マンションの工事を行っており、騒音等のご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。ご挨拶に伺いました。」と言うので、さすがに「お詫び」に来ているものを追い返すことも出来ず玄関に入れることに。

〇〇町の新築マンション工事でご迷惑をおかけしています

玄関に入ってきたのは20代後半の口が上手そうな若者(♂)で、開口一番「〇〇町の新築マンション工事を行っておりまして、騒音等響いていないですか?本当にご迷惑をおかけしております…」というが、そもそもその町の名前知らんぞ…。

私が「場所はどの辺ですか?とりあえず何も聞こえていないので大丈夫ですよ。頑張ってください」と答えると、「△△駅のすぐ近くです!最高にいい立地なんですよ!」と返してくる。

ちょっと待て!△△駅って我が家から二駅先やがな!何キロ先のマンションの話だ!

「そんな遠くの音聞こえるわけないでしょう(笑)」と苦笑気味に答えましたが、もはや玄関に上がるための口実なのでそんな返答は想定内。

営業マン「それにしてもいいマンションですねー。家賃15万円程でしょう?(調査済みだろう)」

hachi「そうかな。うちの会社は比較的家賃補助が少なめだから、他社さんとかもっといい家に住んでいますよ」

営業マン「いやいや、もはやこの家に住んでいるだけで勝ち組ですよ」

hachi「住まいだけで勝ち負け決めるのもね…でも会社が補助してくれているのはありがたいから、その分貯蓄に回していますね」

営業マン「やっぱりいい企業にお勤めでしょうしお金貯まりますよね!ところで今現在マンションの購入とか考えていませんか!?」

hachi「いや、無い。全く無い。そろそろご飯の時間だからこれぐらいにしよう」

営業マン「そうですよね!失礼いたしました。では最後!奥様は新築マンションに住みたいと希望されていませんか?」

hachi「ただでくれるなら新築マンションが欲しいだろうけど、今の生活で・・・」

営業マン「やっぱり!奥様は新築がいいんでしょうね。ご主人のような立派な企業にお勤めなら、ここの家賃よりよっぽど低い設定金額でもっと立派なマンションが手に入りますよ!」

hachi「いや、日曜の夕方だしそろそろご飯が冷める・・・とりあえずかえり・・・」

営業マン「最後に!最後にアンケート書いてもらえません?今ならQUOカードプレゼントできるんです。電話番号と名前のご記入を!」

hachi「いらん!!帰れ!そもそも騒音の詫びはどこ行った!」

営業マン「今度また伺わせてください。是非とも奥様にも」

hachi「けーれっ!二度と来るな!」

完全にプ〇サンスのマニュアルに飲まれる管理人

完敗です。マンションを買う気などさらさらありませんが、まんまと玄関に上げさせられてしまった上に、さすがに一瞬で返すのも悪いかというちょっと善人ぶった態度がダメでした。結局20分程やり取りを許してしまい、非常に無駄な時間を取られてしまった。

それにしてもよ、「二駅先の騒音の詫び」から玄関に突入し、その後帰れと言っても「最後に!最後に!」を繰り返して居座るこのメンタルの強さ、なかなかのものですね。日曜日で私がいたからよかったけど、妻独りだったらもっと長居していたかと思うとちょっとぞっとします。

hachi
hachi

もちろんマンションの購入権限など妻に全くありませんのでそういう心配はありませんが、セキュリティ上の不安が残ります

相当強引な手口で客を捕まえているという噂を聞いていましたが、昨日の営業を見てその通りなんだろうと思いました。マニュアル化されてトレーニングを受けているし、少々帰れ!と言われて帰るようなメンタルが弱い奴は淘汰されて行っているのでしょう。

hachi
hachi

ところで彼ね、絶対また来るよ。来るなと言ったけど、また来るよ。同じ営業として、あのメンタルの強さは一部見習わないといけないと感じたよ…

まあ、いくら足繁く通おうが、私にマンションを買わせることは絶対に無理です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました