投資していること自体が少数派

投資
スポンサーリンク

本日より三日間全社会議にて東京に缶詰めです。正直新型ウィルスの脅威があるなか勘弁してほしいものですが、会社としてもすでに予算を費やしているので今更不確かなウィルス感染が原因でやめるわけには行きません。

一週間後ぐらいに参加者の中に新型ウィルス保持者がいました!みたいにならないことを願います。

hachi
hachi

会社も怖いみたいで、少しでも体調に不安がある人は遠慮なく参加を辞退してください!と連絡が来ていました(笑)

スポンサーリンク

皆さん投資しないの?

私は資産の8割以上投資しており、日々投資に関するニュースとかブログとかをチェックしているので、あまりにも投資が人生の身近に存在するため感覚が麻痺していますが、やはり日本において投資をしていることは少数派なようです。

全社会議なので北海道から沖縄まで全国の社員が集まるので、懇親会で以前から付き合いのある人たちと話してきました。

時間を持て余していたこともあり、仲のいい人に最近の景気、株式市場の話などを軽く振ってみたものの、もはや「???」の連続で、「投資とかよくわからんからしていない」ということの繰り返しです。

ちなみにうちの会社はそれなりに待遇がいいため平社員でも年収1000万円を超えている社員はそこら中にいます。

hachi
hachi

戦略的に円を保有する(貯金)なら別として、何も考えずにただひたすら貯金するのはもったいないよ。

スポンサーリンク

一般労働者は懸命に働き投資する

何度も書いておりますが、年収が1000万円を超えていようが何だろうが、雇われの労働者である以上立場は弱いのです。会社が今までの給料を払えなくなったらそれで終わりですから。

株式会社は株主(オーナー)の利益のために存在するのであって、社員の給料維持を目的にした組織ではないわけです。

一般労働者として弱い立場にいる我々だからこそ、稼いで貯めたお金を投資に回し、株主(オーナー)側に回っていかなければいつまでたっても労働者の立場から抜けられない。

せっかく年収の高い企業に勤めているのだから、少しでも多く蓄えを増やし、投資に回すべきだと思うのです(戦略的に円を保有している場合を除く)。

hachi
hachi

みんな仕事が忙しすぎて投資のことを考える余裕なんてないのかな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました