ETF中心だと多少の増減では動じなくなる

投資
スポンサーリンク

高配当日本株、高配当米国株、ハイテク株など、色々と手を出してきましたが、今やVOOとVYMとQQQが資産の大部分を占めています。

昔は20銘柄ぐらい持っていたので、毎日とある銘柄は上がってもとある銘柄が下がってよーわからんみたいな日が多かったのですが、すごくシンプルになりました。

退屈な投資家に成り下がりましたが、おかげで多少の下落は気にならなくなりました。

hachi
hachi

その代わりTwitterなんかで〇〇が爆上げ!みたいなのには縁がなくなりましたが

大金の感覚は人それぞれ

どれぐらいの資産を保有したら「大金」なのかは人それぞれでしょう。私は今6500万円程度のお金を投資資金にしており、うち5000万円ぐらい株に投資しています。

数億円持っている方からしたらほどほどの金額でしょうが、私にとっては大金です。

たとえば今私が500万円だけ株式資産を保有していたとしたら、個別銘柄で大きく増減してもそこまで動じないと思います。

半値になっても250万円の損失だから、まあ何とかなる金額だし。しかし人によったら500万円も投資したら手が震えるかもしれません。

しかし5000万円が半値になったら私にとって相当きついです。2500万円も消えたのか…と思うと寝れなくなりそうです。

hachi
hachi

コロナショックの時は1800万円消えたけどね

資産額が大きくなると安定が欲しくなる

これも性格によるでしょう。5000万円の種銭が出来たからこそ、ここで勝負して一気に億突破だ!と思う方もいるでしょう。

私は投資のセンスが無いし、保守的な性格なのでそうはならずに、コロナショックの怖さを経験して安定を取ることにしました。

それが個別株をバッサリ切り落とし、VOOを中心にしてVYMとQQQをいくばくか持つということです。

そして現金も1000万円以上残しています。

コロナショック後の上昇相場をフルインベストで享受している方に比べたらパフォーマンスは劣りますが、個別株に振り回されるあの感覚が無くなって良かったと感じています。

やはり私には個別株は難易度が高すぎたんだ。大人しく市場平均で我慢していたら今よりもっと資産は増えていただろう。タバコ株で大損していなかったからね(-。-)y-゜゜゜

米国ETFは売らなくていいと信じられるから、下落した場合勇気をもって買い増しが出来る。個別株だともはやナンピンが怖くなるんですよね。

タバコとエクソンモービルのトラウマがあるからね( ゚Д゚)

保守的でつまらん!てなるかもしれませんが、私にとっては大金を投資しているので、保守的ぐらいが丁度いいのです。

hachi
hachi

欲張らないから年利3~4%で増えてくれたらいいんだけどなー。そうしたら40代半ばで余裕で億を達成できる。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました