暴落時こそ平常心を保ち、いつも通り節約しよう

投資
スポンサーリンク

先週は最悪の一週間でした。おかげさまで私の資産も800万円程消え失せ、もはや金額が大きすぎて実感が沸きません。

本日の日本市場ですが、ようやく急落にストップがかかりました。しかしながらあれだけ下げた後にしては戻りが弱く、明日以降もう一段下落することも十分あり得るでしょう。

ネットではそろそろ「損切り」という言葉が出始めてきました。激しい下落に耐えかねて精神的に辛いのであれば、一旦身を引いて落ち着いてから順当に「米国株に順張り」するのもいいと思います。

私は売るつもりは全くありません。まだ含み益状態で余裕があるというのもありますが、下落によって自分の心境がどうなるか観察しているところもあります。

hachi
hachi

ちなみにプライベートでトラブルも重なり若干イライラはしております(笑)株が下がっているときに限って色々起こるんだ…。

いつもと変わらない節約生活

コロナウィルスの影響で仕事が激減しており、もはややることが無いのであらためて英語とか仕事に関連する内容を勉強しています。サラリーマンのありがたいところは、こんな状況でも全く影響なく給料がもらえること。

そして平日は妻がいつも通りお弁当と水筒を持たせてくれるので、1円も財布から出さない生活です。正確には妻が買い物しているしお弁当の材料も0円ではないですが、知れている出費です。

 

hachi
hachi

こんなときこそ平常心を保ち、平常運転で節約生活です。

急落は怖いが投資を始めたことに悔いはない

今回の急落を受け、自分の年収近い金額が一週間で消え去るという経験をしましたが、それでも投資をはじめたことに全く悔いはありません。

累計で得られている配当金もそれなりの金額で、まだまだ下落に耐えられるし、労働収入+配当金で追加購入もできます。

「下落したら買い増しできて嬉しい!」なんて不思議なメンタルは持ち合わせておりませんが、「下落を乗り越えてこそお金持ちになれる!」という感覚は持っています。

投資をまだ始めていない人は、こんなときこそ少額で投資し始めると市場の怖さも体験できていいと思います。少額であれば上がっても下がっても大したことにはなりませんから。

まだまだ不安定な相場が続くでしょうが、一旦売る、ホールドする、買い増しする、どれが正解かは後にならなければ分かりません。

大切なことは、投資をやめないこと(ホールドするという意味では無い)。一緒に生き残りましょう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました