【序幕】強気な人が売り始める

投資
スポンサーリンク

米国株はここ何年も順調に右肩上がりで推移してきます。そんなときに投資を始めた人は「米国株は絶対大丈夫」という、短い期間での「経験」が根拠になっています。

ここ数年で米国株投資を始めた人でも、直近で軽い急落は何度も経験しており、それでもすぐに立ち直ってきた米国株を見てさらに自信を深めているはずです。だから少々の下落では強気でいられます。

そして今までの好調を背景にした「強気の米国株信者」が売り始めたら、本格的な悲壮感の始まりでしょう(すみません感覚的なものです)。

投資方針の変更はくそダサくない

市場が下落すると色々と悪いニュースが目に飛び込んでくるようになります。

マスコミや一般人の書き込み何てそんなもので、いい時には「過去最高の利益」、「圧倒的なブランド力」、「〇〇年増配」なんて言葉で溢れかえりますが、下落時には「安価な中国製で十分」、「減配もあり得る」、「過去50年と今は時代が違う」と下落する理由が次々と現れます。

hachi
hachi

どっちの意見も正解で、絶対に上向く(下向く)なんて企業は無いだろう

今までの投資方針に「不安や懸念」が出てきたら、変更するのは当たり前でしょう。大切なお金を扱っているわけですから。それを「くそダサい」とか言うのは意味が分からん。

名前も顔も知らない赤の他人の投資方法を真似たのに、「本家が逃げた!」みたいなことになっても、自己責任です。

私も昨日、「米国株売らない宣言」を行ったばかりですが、変更したって(しませんが)別に責任取りませんよ(笑)

ただ参考として、「米国株信者」が売り始めるということは、不安が不安を呼び、空売りモンスターに嗅ぎつけられどん底まで叩き落される可能性が出てくるということ。それは覚悟しておかなければいけない。

hachi
hachi

今まで絶対に大丈夫と言っていた人が、あれ…もしかして…と思い始めたわけだ。一般人はもっと不安になるだろう

下落を経験して強くなれる

投資を始めたばかりの人は、今回の下落は正直気にしなくていいでしょう。むしろ早めに「市場の怖さ」を経験できてよかったですね。今から少しずつ積み立てれば、低迷している分復活した時に多くの含み益が出来るはずです。

私のように資産の大部分を注ぎこんでいる方は、ご愁傷様です(笑)頑張って一緒に生き残りましょう。

私はリーマンショックは経験しておりませんが、下落相場はいずれ来る、必ず来るとオオカミ少年のように聞かされていたので、本当に来たのであればそれはそれで受けて立ちましょう。

何となく経験者からは「リーマンショックも経験してないくせに…」みたいな空気って出てますよね(笑)確かにあのレベルの下落は本当に恐怖だと思います。日本人の場合円高も重なるので、とんでもないレベルの含み損になるでしょう。

私の場合、郊外の家一軒分ぐらいかな…。

手法は様々 とにかく生き残ろう

何度も書いていますが、売ってもいいし買い増ししてもいいし、傍観してもいい。とにかく一緒に生き残りましょう。私は今全額売れば被害はありませんが、まだ売りたいという気持ちは少しもありません。

hachi
hachi

私にはタイミング投資のセンスが無いんですよ。買ったら下がるし売ったら上がる(笑)

今でこそ資産額がそれなりになっていますが、これはコツコツ買い増しして積立てきたものです。一気に売り払うとまた買うのに何年かかるか分からない。

幸い労働収入が安定しているので、このまま持ち続けて、いつも通り資金が貯まったら買い増しを行います。その際にちょっとしたタイミングは見計らうでしょうが、誤差の範囲です。

今週の相場がどうなるかが、今後の中期的な方向性を決める気がします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました