半値戻しもむなしく消え去り下落は止まらず

投資
スポンサーリンク

数日までに過去最大の上げ幅を見せ、華麗に上昇するか!?と思われた米国市場ですが、半値戻しもあえなく撃沈し、再度底値を試す展開になっています。

昨日200万円吹っ飛んだという記事を書きましたが、本日も200万円吹っ飛びました(笑)

一日で200万円吹っ飛ぶ もういいって
一昨日の急騰から反転、昨日はまた急落しており値動きの激しい不安定な相場が続いています。「コロナの影響を懸念して市場は急落」なんて書かれていますが、株の値動きなんて理由は後付けでしょ。傾いた方に大きく動くのが今の相場です。買いと売りが戦っ...

ありがとう(*’▽’)

個別株のリスクを体感する

私はVOO、VYMに合わせて1000万円以上投資をしておりますが、残りは個別株なんですよね。やっぱりこれが問題だったんだ。今更遅いですが私のような凡人は半分以上ETFにするべきでした。

実は市場が急落し浮き彫りになってきたことが、タバコ株がとにかく足を引っ張っている。先日の最高値更新中のときですら下がり続けていたし、市場全体が急落したら合わせて急落する。もはやとどまることを知りません。

日本たばこ産業とアルトリアを保有しているのですが、この2銘柄で300万円の含み損を計上してくれています。

実はこれだけ市場全体が下落しても、私の保有株はトータルで見ればまだ含み益なのです。上記の2銘柄を保有していなければさらに300万円余裕があったとも言えます。

hachi
hachi

投資にタラレバは禁物ですが、高配当って何なのと考えさせられる銘柄です

ちなみに原油価格の下落に伴い、実はエクソンモービルもゴミ化しつつありますが、投資額が知れているので大して気になりません。オイル株も結局原油価格が上がったり下がったりに合わせて動くので、長期で見たらあまり伸びていませんね。

結果的に優秀だったのはP&G、コカ・コーラ。今後どうなるかは分かりませんが、最高値更新中もしっかりと伸び、今回の下落でも一定の耐久力は発揮してくれています。

しかしながら、やはり個別株は崩れ落ちたら早い。凡人は個別株に多く資産を注ぎこまない方がいい。

総悲観に立ち向かえるか

市場はまだ下落へ懐疑的です。「反発するんじゃないか…」という空気も漂っています(すみません感覚的なものです)。

これが「買っても買ってもどうせ下落する…」という総悲観に変わってきた頃が反発の兆しでしょう(すみません感覚的なものです)。

今は史上最高値更新中だから投資をせず、「下落待ち」をしていた人、総悲観で買えますか?今日買っても明日買っても、毎日下がるんですよ。そんな中果敢に大きく投資できる人はそう多くない。

おそらく短期的に利益を上げて人生を上がらせた与沢翼氏などは、天性の博才、嗅覚のようなものがあって人々が総悲観の時に果敢に買える人なんだろう。ご本人は「浴びるほどチャートを見た」と語っておられますが、凡人が真似してそんなもの浴びるほど見たって同じ結果にはならない。

売らない宣言

私、米国株は売りません!

市場は急落しておりますが、自分でも驚くほど冷静でいられています。資産が減っている中、「下落はむしろ嬉しい♪」、「買い増しのチャンス♪」、「グッドラック(違う)」なんて意味の分からんことは言いません。資産が減ったら悲しいです。

でも、売らないと腹をくくっているのですごく冷静でいられます。このまま資産が半分に下落していくのを白目になりながら経験することになるかもしれませんが、それでも売りません。

幸い労働収入が安定しているし、大けがなどしない限り後5年は今の年収をキープできるでしょう。資産は激減中ですが先日10万円を支払い家族での徳島旅行を予約しました。

10万円の旅行でお金を使いますが、毎月毎月しっかりと貯金できています。生活費には全く問題がありません。

私はタイミング投資に長けていないので、下落時に大きく勝負するようなことはしませんが、今後も投資資金に余力が出来てきたら順次買い増しを予定しています。

hachi
hachi

VOOかVYMね。もう個別株はしばらく要らん

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました