3月23日の恐怖を思い出そう

投資
スポンサーリンク

コロナ自粛が長引き、この10年で一番平穏な時を過ごしている管理人です。早朝のスーパーと散歩以外は外に出ず、人と接触しない日々が続いています。

勤めている会社も、自粛初期は「コロナ後の活動計画!」、「自己学習!」、「過去の活動から学んだことをレポートせよ!」など、色々とお仕事を与えてくれていましたが、それも一通り終わったら急に静かになってきました。

hachi
hachi

本社もとうとうやることが尽きて、諦めモードに入ったな(笑)

2020年3月23日はコロナショックの底だった

私はポジションを大きく取っているので、もう2番底は来ないで欲しいので”来ない呈”で書きます。

振り返れば3月23日がコロナショックの底でした。2月24日頃から下がり始めているので、ちょうど1ヶ月でダウ平均が1万ドル下がったことになります。

hachi
hachi

寝て起きたら200万円、寝て起きたら300万円と、日々溶けていく資産を眺めて「暴落は嬉しい♪」って言えた人、おかしいでしょ。

私も3月10日頃までは「これくらいの急落は慣れている。気にしない気にしない」と、たかをくくっていましたが、その後の恐怖はなかなかのものでした。

1800万円溶けました。元気ではありません。
私は早寝早起きで21時頃に寝て5時に起きてるので(じいちゃんかよ)、リアルタイムで米国市場を見ることはほとんどありません。リアルタイムは気にせずぐっすり寝ています。毎朝5時に起きてすぐに株価をチェックするのですが、もはや「安定の下げ」と...

自身が「3月23日の底をついた24日早朝」に書いている記事を読み直していました。高値から1800万円吹っ飛んでるって、そりゃメンタルやられるでしょ(笑)

皆さんは3月23日前後、どのような心境だったでしょうか。

「振り返ってあの時が底だったと判断するしかない」と自分で書いていますが、本当にその通りです。言い当てることなんて出来るはずがない。

不思議なもので、落ちているときは落ちる理由がどんどん見つかるし、上がるときは上がる理由がどんどん見つかりますよね。

hachi
hachi

もう中途半端にメディアを見ない方がいいのかもしれない

暴落なんて二度と経験したくない

正直なところ、3月上旬で損が出ていてもバッサリと売り払い、暴落する市場をワクワクして眺めている方を羨ましく思いました。

私にはそういう決断が出来なかったから。恐らく性格的に、次回の暴落でも同じだと思います。

「早く暴落来てくれないかなー」とか、「リーマンショック見たいなのが来てくれたら、イージーにお金増やせるんだけどなー」とか、もう二度と言うなよ(笑)

hachi
hachi

一部の売買センスがある人を除いて、暴落なんか来ない方がいいだろ(笑)

急騰してくれなんて欲張ったことは言いません。微増でいいです。米国株投資家が心穏やかにホールドできるよう、この状況が続いて欲しい。

管理人の今後の方針

私はつくづく短期売買のセンスが無いと思うので、しばらく様子見です。ピークからは資産が削られていますが、幸いトータルではまだまだプラスなので、心穏やかに過ごせています。

直近でたくさん買いすぎていたこともあり、生活費を除いた投資用資金が350万円程しか無いので、しばらくは大人しく貯金します。

友人の投資家たちを見ていると、まだまだ強気で買い続けているので、近しい人が買っているとうずうずしますが、ちょっと我慢です。

「投資から貯蓄へ!」が今のスローガンです。

コロナ自粛のせいで収入が減っていることもあるので、ここで資金を費やすと貯まるのが遅くなってしまうのもあります。

とりあえず今は、一定の現金を貯めるために大人しくしています。

 

hachi
hachi

ちょっと買いたくなったら、3月23日の恐怖を思い出そう(笑)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました