【JT】株主優待が貰えたら含み損の憂鬱は晴れるのか

投資
スポンサーリンク

高配当や株主優待で人気(?)のJTより、株主優待が届きました。私は配当金は好きですが株主優待にはさほど興味は無いので、何を頼んだかすら忘れていました(笑)

箱を開けてみたら、クッキーと紅茶のようなものの詰め合わせでした。

hachi
hachi

なんだこのマダムの集会で出てきそうなセットは

私は甘いものを食べないし、紅茶も飲まないので妻のために選んだのかな。もはや自分でもよく分からない。

優待はさておき、現在私が保有しているJTの成績です。

マイナス80万円です。

クッキーなんかでごまかしてんじゃねえよ( ゚Д゚)

パックご飯なら防災用に取っておこうと思えましたが、クッキーが贈られてきたらなんか腹立った(笑) いや、頼んだのは自分です。JTさんは悪くありません。

額はともかく、パーセンテージで見たら私は26%のマイナスですが、直近の低迷を考えたらもっと酷いマイナスの方も多いのではないでしょうか。

JTの5年チャート

JTはここ5年間株価が低迷しており、優待や配当金に目がくらんで手を出した人は等しく負けています。”等しく”です。

5年前の4650円から、だらだらだらだらと下がり続けて今は2010円です。半値以下です。

hachi
hachi

山も谷も無く、ただひたすら下がっているから全員等しく負けているはずです(笑)

ちなみに10年前は1500円程度ですので、リーマンショック時に果敢にチャレンジして、その後10年間保有出来ている方は、現在でも配当金+値上がり益を得ているでしょう。

かなりの猛者ですね。

長期投資というからには、5年なんかでは判断せず、10年以上で見なければだめだと言うことですか。

「いずれ上向く」という魔法の言葉

ベンチャー企業に投資しているのではなく、JTのような半分国営のような超大企業に投資しているのであれば、倒産しないので保有していればいずれ報われる日が来るでしょう。

自分は長期投資家なんだからと言い聞かせて、ずっと保有していれば大丈夫です。

しかしこの「いずれ上向く」というのは本当に曖昧な言葉で、「いずれ」っていつだよということです。

5年?10年?20年?死ぬ直前?

少なくともJTは5年では上向きませんでした。上述の通り、10年では報われた方もいますが、リーマンショックより前に投資した方はそこで打撃を食らってマイナスになっています。

20年前から投資している人は全員大きくプラスですが、それは多くの銘柄で同じです。

配当や優待に惑わされないように

私は配当金が好きですし、配当金が年間で200万円近く(税引き後)振り込まれることを本当にありがたいと思っています。これがずっと続くわけですから。

hachi
hachi

優待は別に要りません。JTも早く止めて他のことに労力を使ってくれ

高配当株の中にも成績がいいものがあるし、含み益+配当金をもたらしてくれる最高の銘柄もあります。

ただJTのように、5年以上持っていても全く報われない高配当銘柄も存在することは事実ですので、今後「配当金が目的」と考えて投資する方に、少しでも参考になればと思い晒しています。

高配当銘柄が悪いのではなく、「盲目的に配当金を得ることを目的」とするのはよくないです。

大きな含み損に陥ったら、クッキーなんか貰っても全く嬉しくないよ(笑)

hachi
hachi

失敗例として、参考になれば幸いです(*’▽’)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました