安い時に買って高い時に売るって簡単なもんじゃない

投資
スポンサーリンク

本日から月曜日。気が付けば5月も半ばで段々と暑くなってきましたね。これから梅雨に入るので、ドラクエウォークがやりづらくなるので困ってます。

hachi
hachi

それぐらいしか趣味が無いからなー

安いとか高いとか、基準は何よ

時々本屋に行って投資に関する本を見るのですが、まだ投資をしたことが無い人向けに色々と解説しながらも、投資の本質は「安い時に買って高い時に売る」ということらしいです。

いやそりゃそうだろうけどよ…安いとか高いって何を基準にしたらいいんだよ。

振り返ってみて「あの時安かった(高かった)」っていうのは簡単ですが、今買おうとしている銘柄が高いのか安いのか、そんな簡単に分かれば苦労しません。

「市場は今過熱している」

言われ続けてずっと上がっています。

「頭と尻尾はくれてやれ」

頭から胸ぐらいまで上げていいんですが、どこが頭か分かんないんですよ。

「大きく下がった時がチャンス」

そう思ってナンピンしたら300万円の含み損になりました。

「思い切った損切りが大事」

そう聞いて300万円を損切りしたらその後に上がりました。

「積み立てが有効」

だったらお前の解説いらなくね?

hachi
hachi

それぐらいにしとけよ

信じられる人が取引した瞬間にイナゴするしかない

古くから読まれている良書はいいですが、初心者が簡単に読める程度のノウハウ本であれば必死に読まなくていいんじゃないかと。

どうしても誰かの意見を参考にしたいなら、Twitterなんかで信じられる投資家を見つけてその人が取引た瞬間にイナゴするしかないでしょう。

取引の瞬間、取引前から情報発信してくれている人がいいですね。時間差があったり、実は買ってました!儲かっていたんだよ!なんて見せられても意味が無いので。

自分の嗅覚をもってしてセンスで投資するか、本気で勉強して持論をもとに勝負するか、信じられる誰かにイナゴするか、大人しく積立を続けるか…大きく分けるとこんな感じでしょう。

私はセンスが無さ過ぎたので、大人しく積立ます。

hachi
hachi

安いとか高いとか、そんなもん分かるなら一瞬でお金が増えるでしょ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました