生涯年収が2億とか3億で何とか老後を生きていくのに、手元の7000万円で優雅にリタイアできるわけが無い

投資
スポンサーリンク

平日出張続きで飲んでしまったので、昨日は身体を整えるために禁酒して野菜多めの晩御飯にしてもらいました。妻に感謝です。

hachi
hachi

一人だと肉焼いて簡単にサラダ作ってビールを飲んでしまいますので

生涯年収平均 2億6,920万円(♂)

男性の生涯年収は約2億7000万円だそうです。現在の平均年収って500万円ぐらいでしょうか。それぐらい貰っている人が、60歳ごろまで働いてトータルで得られる年収が2億7000万円。

その後に年金が入りますが、どういう生活水準になるのでしょうね。

私は両親がそれなりに裕福なこと、妻の実家は田舎で自給自足みたいなことをしてお金を使わない人なこともあり、本当に身近でこの水準で老後を迎えている人がいません。

でもまあ、聞いている限りそんなに贅沢は出来ないのでしょう。22歳から60歳まで一生懸命働いて、60歳から85歳ぐらいまでの25年間の余生が、そんなに贅沢出来ないわけです。

平均寿命まで生きるのなら早期リタイアなんて無理

時々仕事を辞めたらどうなるかなと思いますが、私はまだ30代。平均寿命まで45年以上残っていることを考えると、手元の7000万円程度ではどう考えても早期リタイアなんかできないでしょう(笑)

1億円貯まったとしても、後45年以上も生きていくのに足りるとは思えない。私の妻も同い年なので、二人分です。子供は4歳…。

庶民が早期リタイアとかお花畑過ぎるだろ( ゚Д゚)

この年代で2億円ぐらい貯まった人は行けるかもしれませんが、30代で資産7000万円でリタイアなんて…風前の灯火ですよ。

結構頑張ってお金を貯めて、失敗をしながらもそれなりに投資で増えてきて、ようやくここまで来ましたが、改めて思うのが”庶民の範疇”だということ。

夏は北海道、冬は沖縄、時々ヨーロッパに行って朝からワインを飲む…なんてリタイア生活を夢見ていますが、実現できるのは70代か…?

その頃には海外旅行に行く気力も失せてるかもしれません。

hachi
hachi

やっぱ庶民はどこかでワンチャン当てないときついかなー

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました