結局のところ、身体が一番の資本なのだね

雑記
スポンサーリンク

仕事のことが頭から離れない管理人です。性格が真面目なことは自覚しているのですが、こういう時私のようなタイプは切り替えが下手なので危険なのかもしれません。

hachi
hachi

ずっと頭が燃えているような感覚なのよね

仕事を始めて何年経ちましょうか。一度だけ転職をしていますが、歴代の上司に恵まれ盲目的に働いているうちに年収を大きく上げていただきました。

何となく、「土日を働いていても気にならない」、「業務量が多いのは問題ない」と調子に乗っていたのかもしれません。

ここ最近、この生活はいつまで続くんだろうとか、ここまで仕事に人生取られて何を得られるんだろうと考え始めている自分がいます。

そんな間にも、会社では「成長、チャレンジ、壁をぶち破れ」と言ったスローガンがそこら中から流れ続けています。

これってさ、右肩上がりの社員にはいい言葉だけど、疲れてきた社員にとっては罪悪感を植え付ける言葉だよね。「チャレンジしないやつは悪だ!」みたいな感じでしょう。

働き始めてからずっとそういう環境にいたので気にもなりませんでしたが、自分が疲れた瞬間に、世間で言わていれる「やりがい搾取」みたいなものが周りに溢れていることに気が付きます。

いや、会社はそれなりの給料を払っているので、”搾取だけして与えない”わけでは無いんですが。

とにかく資産を蓄えるぞ!と意気込んで働いてきましたが、一度立ち止まるとダメですね。眠れない、頭がぼーっとする瞬間など、体調の変化を感じることがあります。

あれ?これやべーやつか?

hachi
hachi

もうちょっと緩く働ける環境ありませんかね…少なくともうちの会社には無いか

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました