円安で給料の価値が減っていく

雑記
スポンサーリンク

円安が止まりませんが、大丈夫でしょうか。私は経済の知識がありませんので、よく分かりませんが感覚的に自国の通貨が安くなっていいわけがないだろうと思うのですが、いかがでしょう。

世界が平和になればいいですが、やはり自国が大事、有限なものをお金や軍事力で奪い合っているのが現状でしょう。

そんな中、通貨の価値が低くなって、喜べるのでしょうか。

私は日本が好きだし今後も日本に住んでいくので、あまりに円安が進むとちょっと不安になりますね。

幸い資産の9割がドルベースなので、私の資産だけ見たら問題無いのですが、長期的に見たら働いて得ている給料の価値が減っていることになりますよね。

米ETFをどんどん買い増ししたい私なんか、如実に影響受けますよ。

日本が好きで日本に投資したいという気持ちもあるのですが、人口が減る、高齢化が進む、なんか知らんけど事あるごとに”非課税世帯”へばらまく…。

大丈夫かいな。

最近Twitterを見ていると、必死に働いてお金貯めて、子供がある程度小さいうちに仕事を辞めて非課税世帯になって恩恵受けまくるのがこの国で生きる最適解みたいなのが出てきています。

本当に実行する人は少ないでしょうが、今のシステムだとそう感じてしまいますね。

働いて給料が増えても、上がっていく物価と税金で相殺され、円安で購買力が落ちるとなると厳しいですね。

hachi
hachi

見かけ上の資産は増えるかもしれないけど、あまり円安になって欲しくないなー

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

  1. 資源輸入国なのに より:

    当面の円安の原因は日銀がゼロ金利政策を続けている為で、当然の帰結です(他国からは為替操作に見えるかと)。インフレ誘導も国の借金減らしが目的で、国民に利は有りません(ばらまかずに赤字を抑えるべきなのに)。日銀によるETF購入による買い支えも市場を歪めています(SMBC日興は買い支え問題で炎上しましたが)。

タイトルとURLをコピーしました