慢性的に週末の1日が潰れている

雑記
スポンサーリンク

ちょっと最近また忙しくなってきています。相当仕事は早いほうだと自負しているのですが、いつものパターンで仕事が早いと仕事を振られるというね…。

確かに私も仕事が遅い部下には任せられないもんな。

それでいてこなせば評価が上がるかというと、最終的には売った売ってないがベースになるので、あまり影響はありません。

でもこういうことの積み重ねが、やっぱり「あいつは頼りになる」という信頼関係に繋がっていくのでしょうね。

…って何の意味があんねん( ゚Д゚)

平日は朝から晩まで昼食を食べる時間もなく働き、それでもはみ出る仕事を土曜日の朝から夕方までに何とか処理して、日曜日だけ休み…と。

まともに休んだ気になるのは三連休以上の時ですね。

ちょっとまたキャパオーバー気味になってきました。理由は分かっているのですが…一過性のものだと思いたいです。

10月ごろには環境がましになると思っているのですが、その頃は期末が近くて数字の詰めになってくるのでストレスが増えそうですね。

そして気が付けば年が終わる…。

貴重な40代も8割が仕事で終わってしまいそうです。

これはあかーんやつですね。

かといって平社員に戻りたいかというと、収入が下がってリタイアが伸びそうなので今のままがいいですわ。

hachi
hachi

上層部がお前らより2倍働いている、そして3倍働いてきたわ!という人しかいないから変わらんだろうな。この前も公式社報で若いうちはヘドロになるまで働く時期も必要と書いてあったし

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント