コロナショック時の底を見てみよう

投資
スポンサーリンク

怒涛のような仕事ラッシュが終わり、今日は比較的ゆっくりになるはずです。スケジュール上は…。少しでも暇になると仕事を作る人がいるから、どうなるかは分からないですが。

1800万円溶けました。元気ではありません。
私は早寝早起きで21時頃に寝て5時に起きてるので(じいちゃんかよ)、リアルタイムで米国市場を見ることはほとんどありません。リアルタイムは気にせずぐっすり寝ています。毎朝5時に起きてすぐに株価をチェックするのですが、もはや「安定の下げ」と...

下落時の底は分からないものですが、くだらない内容でも日記のようにつけていれば底の日の心境も思い出せるというものです。

2020年3月23日の次の日の朝書いているものですね。今でも覚えています。

当時はまだ個別株が多く、P&Gやコカ・コーラなどを主力銘柄としながら、VOOなども買い始めていました。

ディフェンシブ株だから下落に強いと信じていましたが、関係なしに下落して焦っていましたね。最高値から1800万円も溶け、含み益が吹っ飛んでマイナスに突入しながらも強がっています。

そしてこの日を境に反転するのですが、上昇途中で個別株を手放し、VOOを中心に変えています。個別株が怖くなったんですね。

当時1800万円が消えたと騒いで落ち込んでいましたが、今も似たような金額が吹っ飛んでいます。円安のマスクが外れたら2500万円ぐらい消えたんじゃないか。

洒落なんねー( ゚Д゚)

と思うのですが、それでも2020年から比べると、資産は大きく増えています。この2年が異常な上昇だったということでしょう。

最高値で売り抜けた方は素晴らしいですが、私にはそういう嗅覚が無いのでそれは狙うべきものでは無いと思っています。

当時は総資産5000万円程でしたので、今はそこから3000万円以上増えていることになりますね。

悪くないやん…。

どうしても最高値から考えてしまいますけど、この2年間の急上昇が無く、ゆるやかーな上昇が続いて今の資産額に到達していたら、「テンション上がるー!」っていう感じだったはずです。

急落すると焦るけど、落ち着いてみたらそういうことなのよね…。

hachi
hachi

少なくともトータルでマイナスになるのはまだまだ先です

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

投資
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました