不登校って言っても種類があるわけで

雑記
スポンサーリンク

あまり中身は見ていないのですが、ちびちゃん不登校ユーチューバーがいるでしょ。いや、もう”ちびちゃん”では無くなってそれなりに肝が据わってるガキ大将みたいになってきていますが(笑)

「学校なんかいかんでいいねん!やりたいことやろうや!」みたいなことをおっしゃっていますが、元不登校のオッサンから言うと、「行けるなら行っとけ…」という立場です。

命を懸けてまで行く必要は無いですが、行けるなら行っといたほうがいい。

日本の同調圧力を舐めては行けません。彼のようにタフな精神を持つ方は学校なんて行こうが行くまいがそんなことはどうでもよく、何とでもやっていけるでしょう。

同調圧力をはねのけて生きていけるのは少数派です。

そもそも”学校に行けない”のか、”学校に行かない”のかで大きく違います。ちびちゃんユーチューバーの場合は確実に後者でしょう。

むしろあれって不登校というより、昔からよくいた”ヤンキーが学校サボって行ってない”だけじゃない?たまーに学校に顔出して「ちーっす」みたいな感じでしょう。

そういう陽キャはいいんですよ。

“学校にいけない陰キャ”が彼の真似して上手く行くわけがないので、参考にはならないでしょう。全国の不登校児と会うとか、陽キャと陰キャの対談でソワソワしてしまいます。話し噛みあうんかいな。

子供の不登校って一括りにはできず、いろんなタイプと原因があるんですよね。画一的に「いかんでいいんや!」では、本当は行きたいと思っている人には辛いでしょう。

ちょっとしんどいぐらいなら行っとけ。死ぬほどつらいなら命を懸けてまで行く必要は無い。でも勉強だけは自宅で十分できるからやっとけ。

元不登校のオッサンブロガーが思うのはこんな感じでしょうか。

hachi
hachi

私は陰キャだからなー

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
雑記
スポンサーリンク
hachiをフォローする
元登校拒否の筆者が英検1級、年収1000万に到達するまで

コメント

タイトルとURLをコピーしました